--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.09.21*Sat*

Two Weeks (14話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → Two Weeks

【あらすじ】
テサンはイネのところへ行く途中、スジンが浮かんできて、病院に車を向かわせる。
病院に到着したテサンは移植室門の前に置かれたスジンの靴の片方を見て驚く。
一方、チャグクはテサンによってキム先生に対する話を聞くことになるけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 13話      14話   8     15話 →


イルソクに連れられて、エレベーターに乗ったスジンは
テサンの「手術の日までどうしても会いにいけない」
と言っていた言葉を思い出し、
エレベーターを降りたときに、わざと靴を片方脱ぐの。
そしてイルソクにとってもらっている隙にスジンは逃げた!

無菌室に戻るけど、やっぱりまだ看護師や医師たちは寝ていて、
スジンはイルソクにみつからないように、隠れるんだけど、
とうとう見つかってしまうの。

一方、春川に向かっていたテサンは
ソウルから離れさせようとしているのではないか、
スジンが危ないのではないかと思い始めるの。

車に乗る前に、スンウが写真館の場所がわかって
向かっていると聞いていたテサンは、
スンウがイネを助けてくれると信じて、
車をUターンさせ、ソウルへと戻ったわ。

そして病院に着き、無菌室に行ってみると、
スジンはいないのね。

イルソクはテサンの声を聞いて、
陰に隠れていたの。

テサンの自分を呼ぶ声に、反応したスジンは
テサンから見えるところへ。
「無菌室の中に入らないとダメだろう?
今、先生を呼んでくるから、中に入ってなさい」
とスジンに言い、テサンは近くの内線電話から電話しようとしたとき。
イルソクが逃げるのが見えるの。

そこへ、配達の出前のバイクを借りて、
マンションから抜け出してきたジェギョンがやってきたので
テサンはジェギョンにスジンを頼み、
イルソクを追ったわ。

ビルの屋上にイルソクを追い詰めたテサンは
イルソクを捕まえ「俺は今、お前がしようとしたように
自殺に見せかけて殺すことも出来る。
でも俺はそうしない。ミスクやマンソクなど数々の殺人の罪を償わせてやる」と言うの。
するとイルソクは「俺を今日殺さなかったことを後悔するだろう。
お前みたいな奴は絶対に俺を捕まえられない」と。

一方、スンウは写真館へとたどり着くけど、
見張りが二人立っていたの。
「写真館で撮影をする約束をしている」
と言い、中に入ろうとするスンウを止める二人の男。
そこでスンウは二人と殴り合いになり、
1人が刃物を出したので、スンウが銃を出したら、
二人は逃げた!(笑)

見張りが役立たず~( ´艸`)ププッ

ドアを無理矢理開け、イネを助けるスンウは、
すぐにイネを連れて病院へと向かったわ。

その頃、ジェギョンからスンウがイネを助けたことを聞いたテサンはホッとするの。
そしてスジンの具合を聞くと
「直接、会って確かめたら?スジンもパパを探してるわよ」と言い、
テサンはスジンと会うことに。

「すごく驚いただろう?今日は、まだ会う日じゃなかったのに」というテサンに
「パパがこの前言った言葉はこれだったんでしょう?
今日来た悪いおじさんのことを言ってたんでしょう?」とスジン。
そんなスジンを褒めるテサン。

するとスジンは「お誕生日おめでとう」と言うの。
イネからテサンの誕生日だと聞いていたスジンは、
代わりにわかめスープを食べたことを話し、
お祝いの絵を描いた紙を見せるのね。
そんなスジンを見て、泣くテサンに
スジンは困っちゃうの。
「とても嬉しいんだ」とテサンがいうと
「嬉しいときは笑うのよ」とスジンは笑顔に。
テサンも泣きながら笑顔に。

そしてテサンがスジンとの面会を終えた後、
スンウとイネが病院へ。
スンウが来るのを待っていたジェギョンは
テサンと話があるので、テサンは病院の1階で待っていたのね。
スンウもスジンの命にも関わるということで、
監視カメラの映像などを確認しにいくんだけど、
ケーブルが切られていて、映像が残っておらず。

一方、テサンはジェギョンにレコーダーを聞かせるの。
これを聞いたジェギョンは
「これだけではイルソクを捕まえられない」と。
だけどテサンは「捕まえられる」と言うのね。

実はテジュンはこのレコーダーの存在をイルソクに報告していないらしい。
もしこのレコーダーの存在をイルソクが知れば、
イルソクは黙っていないと考えたのね。

そしてジェギョンはソヒのペーパー会社を突き止めていたので
「ソヒのことは私が」というけど、
テサンは「時間がない」と。

そこでソヒの家の電気が消えたあとに、
ソヒの家に侵入したテサンは、ソヒの秘密の別宅を見つけ、
その庭にいるソヒを写真に撮ったわ。

その後、チャグクの家に帰ったテサンは
ジェギョンからキム先生の調査書を受けとっていて
チャグクに見せたわ。
キム先生はコロンビアで養子になったらしく、コロンビア籍だけど
本当はどこの国の生まれなのかははっきりわからないのね。
だけど韓国語を話すことから韓国人である線が濃厚らしい。

「どうしてその人がおじさんの子供だと思うんですか」と聞くテサンに
「子供の頃、子供に名前入りの万年筆をプレゼントし、
肌身離さず持っていた子供は、ある日突然、姿を消した。
そのときに家の前に万年筆がふたがない状態で落ちていたんだ」とチャグク。

その頃、イルソクは秘密の部屋に入り、
金庫からありったけの金をカバンに詰めるの。
そしてヒョンジンに
「テサンを殺すのは手術の日しかないようだ」
と言うイルソクはお金をいくらでも使っていいから
なんとかするようにと言うのね。

そんなイルソクに危険を感じるヒョンジンは
「ここはテサンを放棄するのがいいんじゃないでしょうか」
と口を出して、イルソクに怒られてた。

と、そこへテサンから電話があるの。
テサンはレコーダーのテジュンたちの会話を聞かせ、
「早く動いて処理しろよ」と言うの。
だけどイルソクは
「そのレコーダーをどうして警察に持って行かない。
持っていっても俺を捕まえられないからだろう?」と。
すると「持っていくよ。テジュンが捕まったあとに、
本当の真犯人はイルソクだと言いにね」とテサンは電話を切ったわ。

そしてテサンはそのあとすぐにテジュンに電話をし、
「イルソクの家に行った時にイルソクが
俺を殺して、テジュンを自分の身代わりに刑務所に送ると言ってたぞ。
まぁ頑張れ」と言い、電話を切るのね。

かなり動揺するテジュンに
イルソクから電話があり、呼ばれたわ。

イルソクはとっても上機嫌で
「テサンのような奴を探せ」と指示。
そしてカバンに詰めたお金を全部テジュンに渡すの。

と、そのとき妻から電話があるテジュン。
家に帰ってみると、スンウがいたわ。
スンウは倉庫の名義やミスクの家の名義に使われていた
クォン・ヒオクという人物がテジュンの妻だったことをつきとめ、
妻に話をきいたらしいけど、妻は何も知らないと言ったのね。

スンウが帰った後、不動産屋へ向かうテジュン。
でも不動産屋の前にはテサンがテジュンを待ってたわ。

「イルソクは俺みたいな奴を探せと言ってただろう?」
とイルソクに言われたことをずばり当てられたテジュンはビックリ。
そこでテサンはレコーダーの声を聞かせ、テジュンは動揺を。

一方、ジェギョンは記者に会いに行き、
イルソクが捕まったとき「記事にする」と言ってもソヒが動じなかったのかと聞きに行くの。
「今までのチョ議員とはちょっと違いましたね」と言う記者。

その頃、スンウたちは会議中。
マンソクの事件のときに落ちていたペン型の凶器は
世界に1つしかないことがスンウから報告。
そしてスジンの一件で、コーヒーを配った人物を特定するべく捜査することになったらしい。

一方、イルソクはソヒに会い、
「すべてが終わるまで韓国から出るな」と警告。
怒るソヒは「競売は中断よ」と。
だけどイルソクはそんなことでは動じず、
むしろ中断したら、ソヒの財産はなくなるというのね。

その頃、ジェギョンはテサンに必要なものを準備。
そしてテサンはそれらを使い、ソヒに会いに行くの。

ペーパー会社のことやソヒの息子ソンジュンのことなどを話すテサンは
「協力してくれたら、このことは検事には言いません」とお願いし
「イルソクを捕まえる証拠は揃ってるの?」とソヒ。
「そうでないとお会いしにきません。イルソクが捕まえるのは僕がします。
あなたはイルソクを手放さずにジッとしているだけでいいんです。
僕の娘を助け、僕は死んだように生きていきます」
と言うテソンにソヒは
「わかったわ」と了承。

そこでテサンはソヒに握手を求めるの。
これにソヒも応じてくれるのね。

その様子を離れたビルからジェギョンが写真を撮っていて・・・

ソヒがこんなに簡単にテサンを信じるかしら?
この人、イルソク同様、そんなに簡単に引っかからない気がするんだけどなぁ。
まぁ、握手の写真はソヒにとってダメージが大きいと思うけどね。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。