--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.10.20*Sun*

怪しい家政婦 (3話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 怪しい家政婦

【あらすじ】
ハンギョルは弟たちにママの遺書を見せて
サンチョルと一緒に住めないと家を出て、ソニョンの実家に行く。
一方、へギョルは家族を和解させるためにポンニョを訪ねて行って
自分を誘拐してほしいとお願いするけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 2話      3話   6     4話 →


サンチョルとソンファが浮気して、
ソニョンが自殺した事実を社員たちにバラされたサンチョルは
ソンファを追いかけるけど、ソンファの怒りはおさまらず。
そしてサンチョルは社長にも呼ばれ、
決まりかけていたプロジェクトも中止に。

家に帰ったサンチョルは、ハンギョルに
「部屋で話をしよう」と言うけど、
ハンギョルは拒否。
そしてドゥギョルたちに、ソニョンの遺書を見せるの。
これを見たドゥギョルとセギョルは
母は事故ではなく自殺だったことを知り、
しかもその原因が父サンチョルにあることに驚き、怒ったわ。

そしてハンギョルは弟たちを連れて、家を出るの。
行き先はグムチの家。
行きたくないけど、そこしか行く所がないのよね。
ナヨンやグムチに本当のことは言えないので、
ごまかして泊めてもらうことに。

一方、子供たち全員に知られてしまい、
ショックを受けるサンチョル。
と、そのときボンニョが
「ヘギョルちゃんが作った折り紙です。
上手に出来たからパパに見せるんだと楽しみにしてました」と折り紙を手渡すの。
その折り紙には
「ヘギョルはパパのことを愛してるわ。
パパもヘギョルのことを愛してるわよね?」と書いてあったの。

この手紙を見て、
「子供を愛していると言えない自分。
ソニョンを愛していたかもわからない。
ハンギョルが出来て、おろすなら死ぬといわれたから結婚した」
と話すサンチョル。

だけどさ。
ハンギョル以外に子供が3人いるんだよねぇ。。。^^;;


するとボンニョは
「話が終わったのなら、時間なので帰ります」と帰ろうとするの。
いつもいつも何も反応しないボンニョに
「人間なんだから感情があるだろう」とサンチョル。
「ありません。そんなものはだいぶん前にどこかに置いてきました」
と言ってボンニョは帰って行ったわ。

翌朝、ナヨンは子供たちが何も言わないので、
気になってサンチョルに電話を。
そこでサンチョルはソニョンの死の真相を告白。
これを聞いたナヨンはビックリして、
理解するのに少し時間がかかってた。

その後、子供たちはソニョンが亡くなった湖に行き、
サンチョルを許せないから家に帰らないというハンギョルとドゥギョル。
セギョルはサンチョルだけでなく、自分たちを残して逝ったソニョンにも怒るのね。
そしてヘギョルはみんなで家に戻って暮らしたいと思っているらしい。

だけど姉と兄が断固として「家に帰らない」というので、
ヘギョルは従うしかないの。

一方、サンチョルはボンニョにいろいろ話をするけど、
ボンニョは自分の意見はまったく言わず。
これにブチ切れたサンチョルは
「あなたみたいな怪しい家政婦は要らない」とクビを言い渡すの。
ボンニョは「わかりました」と言い、家を出て行ったわ。

幼稚園が終わる頃、セギョルがヘギョルを迎えに行くの。
するとオジン母からボンニョがクビになったと聞かされ、
ヘギョルとセギョルは家政婦紹介所に行き、
ボンニョの家を教えてほしいと頼むけど
「それはできない」とホン所長。
でも「ヘギョルちゃんが好きなあの場所じゃないかな?」とヒントを。

そこでヘギョルとセギョルは遊園地だと思いつき、
ボンニョに会いにいくの。
すると前回と変わらず、ファミリーセットを目の前に置いたまま、
ジッとすわるボンニョが。

ヘギョルとセギョルは
サンチョルとハンギョルたちを仲直りさせてほしいとお願いするけど
「それはできません。私はあなたたちと何の関係もない人間です」とボンニョ。
そこでヘギョルとセギョルは
持っているお金でボンニョを雇おうとするの。
でも全然お金が足りず。

一方、会社ではソンファが会議に呼び出され、
事実のほどを聞かれるの。
ソンファはどうやらサンチョルが自分をストーカーしていると説明したみたい。

その頃、家に帰ったサンチョルはナヨンが子供たちの荷物を持っていくところに遭遇。
ナヨンはサンチョルに
「子供たちを迎えに行って、許してもらわないといけないんじゃないのか」
とアドバイスするけど、サンチョルは
ナヨンがいうような簡単な問題じゃないというのね。
そしてサンチョルはナヨンに言いすぎてしまい、
ナヨンはそのまま帰っちゃった。

その後、ナヨンは家に帰り、子供たちに
「パパはあなたたちにすまないと言ってた」とウソを。
なんとか仲直りさせようといろいろ話をするナヨンだけど、
子供たちはサンチョルと仲直りするつもりはないらしい。

ハンギョル、ドゥギョル、セギョルが部屋から出て行ったあと、
ヘギョルは「お願いがあるの」とナヨンにお金を貸してほしいと頼んだわ。

翌日、ヘギョルはホン所長に会いに行き
「ボンニョさんと契約したい」とお金を出すの。
ホン所長は4時間というけど、ヘギョルは粘って5時間にしてもらうのね。
そこへボンニョがやってきて5時間の契約を承諾。

「家族を仲直りさせたい」というヘギョルに
「方法は二つ。大きな病気をするか、事故に遭うかです」とボンニョ。
でも仮病はダメだし、事故に遭うと本当につらいとボンニョは説明するの。
するとヘギョルは
「いいアイデアがあるわ」というのね。

実はハンギョルたちに
家に帰りたいと言っていたヘギョルは
誰かに誘拐でもされたら大変という説明をしていたの。
そこでヘギョルは誘拐を思いついたらしい。

一方、サンチョルは人事異動があり、
工事現場に配属されてた。
と、そこへボンニョから電話が。
ヘギョルを誘拐したという連絡だったの。

そしてハンギョルにも連絡が入り、
「用件は全員が揃ったときに話します」とボンニョ。

すぐにホン所長に会いにいくんだけど
ホン所長は「ボンニョさんは家がないのよ」と言い、
これを聞いたハンギョルたちはビックリ。
そこへサンチョルがやってきて、
全員が揃ったのでボンニョに電話してみると、
「ヘギョルちゃんがみんな仲直りしたのなら帰る。
仲直りしないのなら、死ぬと言っています」と言われ、
ハンギョルたちはどうするか悩むのね。

ヘギョルが行きそうなところを探してみようとする
サンチョルと子供たちだけど、ヘギョルは見つからないわ。

そこで仲直りしたことにしようとするけど、
スピーカーで話していたため、全部聞かれてしまい、
「本当に仲直りしないなら、死ぬと言っています」とボンニョ。
そしてボンニョはヘギョルの居場所「北極星を見ている」とヒントを出すの。

これを聞いたみんなは星が好きだったソニョンを思い出し、
あちこち行くけど、そこにもヘギョルはおらず。
そしてセギョルがふと家ではないかと思うのね。

家に戻り、ヘギョルを探すと、2階のベランダの鉢植えを置くところに座ってたの。
サンチョルたちは安全なところに連れてきてから話をしようと言うけど、
ヘギョルは「仲直りが先」と言うのね。

と、そのときナヨンがやってきて、
ヘギョルが危険なところに座っていたので、思わず名前を呼んでしまい、
ヘギョルは母の形見の箱を落としてしまうの。
それを取ろうとしたヘギョルは2階から落ち、ボンニョが助けたわ。

ボンニョさん、いったい何者(笑)
あんなにキレイに受け止めるなんて^^;;


無事だったヘギョルの前に集まった家族たち。
するとサンチョルはヘギョルにビンタをし
「二度とこんなことをするな!」と怒るの。
「ごめんなさい」と謝るヘギョルは
「仲直りをしてほしい」と頼むけど、
ハンギョルは絶対に許せないらしい。

そこでヘギョルは手紙のことをサンチョルに聞くの。
「持ってるよ」とポケットから出すサンチョルに
「ヘギョルはパパのことを愛してるけど、
パパもヘギョルのことを愛してる?」と聞くヘギョル。
するとサンチョルは「ごめん」と。
このサンチョルの言葉にハンギョルやドゥギョル、セギョルは
冷たい視線を。

と、そのときボンニョのアラームがなるの。
「ヘギョルちゃんとの契約の時間になりましたので、帰ります」
とボンニョは帰り・・・

愛しているかわからないからって、
子供に愛してるかと聞かれて「ごめん」ってどうよ?
そりゃ、他の子供たちから白い目で見られても仕方がないわな。
家族が仲直りする日はまだまだ遠そうだ。。。

そして1話の冒頭のソンファがボンニョに
「人も殺せますよね」のシーンは、
ソニョンの死の前ではなく、このあとなのか?
と今回見ていて、ふと思いました。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。