--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.14*Thu*

怪しい家政婦 (14話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 怪しい家政婦

【あらすじ】
ハンギョルとウジェはスヒョクが飲み屋で仕事をするという事実を知ることになって
ナヨンにスヒョクを連れて出てほしい助けを要請する。
一方、ボンニョはソンファにチャン・ドヒョンという人について調査してほしいとしながら
ソ・ジフンの過去を語るけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 13話      14話   6     15話 →


「愛しているからそうした」というソンファに
「あなたの愛はそんなにすごいものなんですか。
人を死に追いやるほど、すごいものなんですか」
とボンニョは責めるの。
「死を選ぶとは想像もしなかった。
母親なのにどうしてそんなことが出来るの?
あなたならわかるでしょう?」
「母親も女だからです」と言い、立ち去ろうとするボンニョに
「お願いだから言わないで。言わないでいてくれたら、あなたの望むことをなんでもする」
とソンファ。
でもボンニョは
「望むものはありませんから」と言い、立ち去ったわ。

翌日、会社に出勤したソンファは
ボンニョがサンチョルに話したのではないかと
ビクビクとやってくるんだけど、
サンチョルは何も聞いていない様子。

そこでソンファはボンニョを呼び出し
「言うつもりだったんじゃないの?
いつ言うのよ!」と怒り、ヘギョルが大事にしているパパの石を投げたわ。
パパの石を拾ったボンニョは
「公表するつもりはありません。子供たちの心に大きな傷を作ってしまうから。
でも何かあれば、その時はいつでも話すつもりです」と言うの。
「言わないつもりなのか信じられない。私が信じられるようにして。
お金でも頼みでもなんでもいいから」
と言うソンファに
「それでは一つだけお願いがあります。
チャン・ドヒョン社長のことを調べてほしいんです」とボンニョ。

その後、サンチョルの家に帰ったボンニョは
子供たちの前で手品をすることにし、ヘギョルにパパの石を無事、返すことが出来たわ。

翌日、ソンファは取材でボンニョに会い、
「ジフンはどんな人だったのか」と聞くの。
夫と子供を死に追いやった人だと話すボンニョに
事実を知ったソンファはビックリ。

そしてドヒョンの家に家政婦に行った時に何か気になることはなかったかと質問。
「金庫の中に宝箱のようなものがあり、その中に女性の写真が入っていて、
好きだった人で亡くなった人だと話していた」とボンニョ。
するとソンファは
「もしドヒョンがジフンなら、家にわかるようなものを置いていないかも。
社長室に隠しているのかも」と話すの。
「明日、16時に会社に来れますか。社員も社長もいないので、
調べられると思います」とソンファは言うけど、
ボンニョは「みんなが帰宅する時間なので家から出られません」と答えるのね。

翌日、行けないと言ったものの、時間が気になるボンニョ。
ヘギョルと買い物に行き、肉屋でジョンマン妻にヘギョルを頼もうとするけど、
ヘギョルは「見たいテレビがあるからイヤだ」と言い、預けることは出来ず。

家に帰り、家事をしていると
塾がなかったセギョルが帰宅。
「私用で外出したい」と言い、セギョルは
「お義母さんに会いに行くんじゃないよね」と確認。
「違います」というボンニョに
「それならいいよ。行って来てください」とセギョル。

一方、出かけていたソンファが会社に戻ると、迷惑なところに車が停まっていて、
車から降りて近づくとドヒョンが乗っていたの。
具合が悪そうなドヒョンを見て
「救急車を呼びましょうか」とソンファは言うけど、ドヒョンは拒否。
ソンファの運転で病院に向かったわ。

そして病院に到着したソンファは
ドヒョンの病状を看護師に聞くけど、教えてもらえず。
と、そこへドヒョンがやってきて
「死ぬことだけはわかってる」と言うのね。
「社長の秘密はこのことだったんですか。
私はジフンじゃないのかと疑っていたんですよ」とソンファ。
するとドヒョンは
「俺はジフンだよ」と告白。
驚き、携帯を落としてしまうソンファに
「ウンス(ボンニョ)にジフンだと知られるより、死ぬことを知られるのがイヤだ」とドヒョン。
なぜならボンニョが女性として笑顔を取り戻したところを見たいけど、
それは叶わないことだから、ボンニョに機会をあげたいのね。
だからドヒョンはボンニョにジフンが死んだと納得させ、
ドヒョンを愛するように仕向けたいらしい。

その頃、外出から帰ったボンニョは
ソンファに電話してみるの。
でもソンファのそばにはドヒョンが。
余計なことを言えない状況のソンファは
ビクビクしながらボンニョの電話に出るんだけど
ボンニョは
「社長のことを疑うのをやめる」と言いだした!
これを聞いていたドヒョンは大喜び。

その日の夜、サンチョルが帰宅。
この日、サンチョルは大事な入札の日だったんだけど、
そこにソンファとドヒョンがこなかったとボンニョに話すの。
しかもソンファは具合が悪いらしいというので、
ボンニョはおかしいと思いながらも
おかゆを作り、持って行くことに。

ソンファの家の前で電話したボンニョだけど、
ソンファは「もう大丈夫だから」と言い、
家にいる風を装ってたけど、
ドヒョンに送られて帰宅。
これに見ていたボンニョはソンファに会うことなく、立ち去ったわ。
「どうして嘘をつくのか」と考えるボンニョ。

翌日、ボンニョが自分を疑うのをやめてくれて嬉しいドヒョンは
ボンニョにデートのお誘いをするの。

電話を切ったあと、セギョルから
「勉強を見てほしい」といわれるけど
「出来ません。約束があるので。チャン社長からデートに誘われましたので」
とボンニョ。
これを聞いた子供たちはビックリ。

その頃、サンチョルが家の前に着くと、ドヒョンがいるのね。
ボンニョに会いにきたというドヒョンに複雑なサンチョル。

そして家に帰ると、子供たちから
「ボンニョさんがチャン社長とデートするんだって」と言われるの。
ボンニョが帰る準備をしようとしたとき
「僕が止める資格はないのはわかってますが、何か不安なんです」とサンチョル。
「私の心配はしないでください」
「何か考えがあるんですか?それとも本当に付き合うんですか」
「はい。チャン社長とこれから付き合うつもりです」とボンニョ。
これを聞いたサンチョル家族は驚き・・・



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。