--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.11.15*Fri*

秘密 (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 秘密

【あらすじ】
ドフンとセヨンに追い込まれたミニョクとユジョンは選択の岐路に置かれる。
ドフンはKグループを裏切って、ミニョクはドフンに反撃する。
ミニョクとセヨンの結婚式に予定された日が近づいて、
ユジョンとミニョクは共に旅行に出発するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   9     16話 →


「この状況であなたを助けられるのは僕だけです」
というドフンは、
言うとおりにしたら、すべてのものを守ると言うの。

そして電話口から話を聞いているユジョンに
「どうしますか」と尋ねたわ。
迷うユジョンに、ミニョクが電話をし、
「お前のやりたいようにやれ。俺は大丈夫だ」と言うの。
ミニョクの言葉を信じ、ユジョンは警察へ。

一方、ミニョクはセヨンに
「明日、破談の記事が出るはずだ」と告げ、セヨンは激怒。
ドフンも「セヨンさんに何かあればあなたのせいだ。
Kグループにも良いことではない。僕は一人では行かない。
必ずあなたを道連れにする」とミニョクに言ってた。

翌日、破談の記事が出なかったため、ミニョクは入院するチョ会長のところへ。
チョ会長が阻止したらしい。

一方、ユジョンはミニョクから破談の記事が出ると聞いていたのに
その記事は出ず、変わりにドフンがマスコミの取材を受けているのを見て
ドフンに会いに来たわ。

ミニョクを追い込むドフンにやめるように言うユジョン。
するとドフンは
「俺は一人ではいかない。道連れにすると言ったはずだ。
それに俺が言っていることは真実だ」と言うの。
「真実?それなら私も真実を公にしないとね」とユジョンは言い、
明日、警察の取り調べに来るように言ってた。

その日の夜、ドフンがセヨンの家に行くと、
部屋が散らかっていたの。
聞いてみると、報道を聞いたセヨン父が怒ってやってきたらしい。
片付けるセヨンを抱きしめ
「何もかも放り出して、僕と遠いところに行こう」と言うけど、
「ドフンさんのおかげで、ミニョクと結婚しないといけなくなったわ」とセヨン。
この言葉にドフンはショックを。

一方、ミニョクはホン女史から
「チョ会長を苦しめるのをやめて」と言われていたの。
ミニョク母を亡くして、チョ会長まで亡くしてしまうのは
ミニョクにとってつらいことだというホン女史。
するとミニョクは母を追い出したのはホン女史だと言うのね。
「知らずに言ってるの?それとも知らないふりをしているの?
あなたのお母さんは会長夫人という立場が嫌で出ていったのよ。
自分が出て行ったあとに会長とミニョクを任せられるのは私だと
あなたのお母さんから頼まれたのよ。
でも私の話は信じないでしょうね。会長から直接聞けばいいわ」とホン女史。
これを聞いたミニョクは驚いてた。

翌日、ユジョンはグァンスに送られて、取り調べに向かうの。
ドフンとともに取り調べを受けるけど、
ドフンは自分は関係ないと繰り返すばかり。
取り調べ後「絶対に罪を認めさせる」とユジョン。

そしてユジョンが立ち去った後、パク検事がドフンのところにやってきたわ。
パク検事は「ミニョクはそんなに簡単なやつじゃないって忠告したはずだぞ」と言い、
「さっきの女性はひき逃げ事件の加害者だよな。
この事件、俺が担当することになるぞ」と言うの。
この話にまずいと思うドフン。

そこでドフンはミニョクに会いに行くの。
自分が生きる道を考えるドフンはミニョクに何やら提案を。
でもミニョクは「あなたの言うことを聞くつもりはない」と一蹴。

ドフンと話をしたミニョクはその後、チョ会長に会いに行くの。
このままではKグループがダメになると思うチョ会長は
無理をしようとし、ミニョクはなだめようとするのね。
そこでチョ会長はミニョク母の話を始めたわ。
チョ会長はミニョク母にKホテルを任せたらしいけど、
その当時は小さなホテルだったらしい。
そのホテルを手放さないといけないかもしれないのは絶対に避けたいのね。
「ホテルの経営者として、社員などのことを考えるとそれだけは避けないと。
そのためにもセヨン父が必要なんだ」
というチョ会長。

一方、ホン女史はユジョンを家に呼び、
ミニョクから離れるようにと再度話すの。
ホン女史の話を聞いたユジョンは
「社長はお母さんのことでとても辛い思いをしています。
今はホン女史が社長のお母さんじゃないですか。
社長をよろしくお願いします」と言い、立ち去ったわ。

そしてユジョンはミニョクに電話をし
「明日、時間を作ってください」と言うの。

翌日、ユジョンはミニョクを連れて、ウチョルの墓へ。
「父さんが亡くなる時、そばにいてあげられなかった。
社長も私のようになってはいけない」と言い、
チョ会長のところにいるようにと言うの。
だけどミニョクはユジョンがそばにいるだけでいいと思っているので怒ってた。

その後、考えたミニョクはドフンを部屋に呼んだわ。
ドフンの目の前で、グァンスに
ドフン関係の書類をすべて破棄するように指示。
これにドフンは嬉しそう。

翌日、出かけるユジョンを待ち伏せていたミニョクは
「今日だけ遊ぼう」と言うの。
ユジョンも理解し、了承。
そして二人だけの時間を楽しむのね。

その日の夜、「今日みたいな日がずっと続けばいい」というミニョクに
「それなら明日も今日みたいにしましょう」とユジョンは提案し、
ミニョクはユジョンにキスを。
そして二人はベッドへ。
「人は愛がなくても生きていけるのか」と心の中で思うユジョン。

その後、ミニョクに本を読んでいたユジョンは
途中で読むのをやめるの。
「この続きは、私が去ってから読んでほしい」と話すユジョン。
そして「眠るまでそばにいる」とユジョンは言い、
ミニョクは寝てしまうのね。
目が覚めるとユジョンはいなかったわ。

ミニョクはすぐにその本の続きを読むの。
その本には「人は愛がなくては生きていけない」と書かれてあり、
ミニョクは号泣。

その頃、ユジョンはバスに乗り、帰宅。
家にいたジャヨンに
「私、よくやったわよね。社長とちゃんと別れられたわよね。
それなのにどうして涙が出るの」と泣きだすユジョン。
ジャヨンは「人が別れるときに泣かない人はおかしいわ」と慰めてた。

一方、セヨンはミニョクとウェディング写真の撮影の準備をしていたの。
時間になっても現れないミニョクに苛立つセヨン。
と、そのときミニョクが現れ、ウェディング写真を撮影。

翌日、インファンとケオクの店に行ったユジョン。
インファンは「外で話そう」とユジョンを連れだしたいけど、ユジョンは拒否。
店の中でウチョルの話を大きな声で始めるユジョンを
奥に連れて行ったケオクは
「夫婦でも離婚したら終わりなのに、何年も前に別れている相手を訪ねてくるのは非常識だ。
人を殺したことも昔のことと忘れているのではないか」と言うのね。
「忘れちゃいけないことですよね。あの日、運転していたのはドフンさんです。
お父さんも覚えてますよね。事件の翌日、私が車のキーを受け取りに来たことを」
と言い、ユジョンは店にいる人に、ひき逃げ事件のことを話そうとするの。

そんなユジョンを阻止しようとするケオク。
と、そこへドフンがやってきたわ。
ドフンがユジョンを止めようと思った時、
ケオクは「サンに会いたくないのか」と言い、
この言葉にドフンもユジョンも驚き・・・

やっぱり!!そうだったか!
ケオクが隠していたのはサンが生きていることだったんだ~
どこにいるのか。
誰が育てているのか・・・




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。