--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.01.13*Mon*

きれいな男 (16話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → きれいな男

【あらすじ】
マテは自分の人生から消えてくれとボトンにむごい話をして、
ボトンはその衝撃に苦しんで寝込む。
ダビッドはボトンに自身を愛していなくても良いからそばにいてほしいとお願いして、
そのようなダビッドの純情にボトンは胸が崩れる。
一方、ホンランの裏工作でマテはSSホームショッピング株価操作疑惑で検察に召還されて、
その事実を知ったボトンは苦しがり、
ダビッドはマテが探していた暗号が何かボトンに言うけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 15話      16話   4     評価


マテから
「俺の人生から出て行ってくれ」と言われたボトンは
ショックを受け、寝込んじゃった。

翌日、マテはキソクに会いに行くの。
「暗号がわかったのに、連れて来なかったのか」
と聞くキソクに
「暗号はボトンですが、連れて来れません。
暗号は今、僕のそばにいないほうが幸せになるはずです」とマテ。

そのマテはダビッドに
「ボトンのそばにいるとボトンが幸せでなくなる。
だけど任せられる男がチーム長しかいない」
とお願いしていたの。

そこでダビッドは寝込んでいるボトンに会いに行くけど、
やっぱり会ってもらえず。

その頃、ホンランはドクセンを呼び、
「マテの下で働いているなんてもったいない。
ワインバーでもしてみたら?私が手助けするわ。
そのかわり、私が頼むことを1つだけしてくれればいいの」
と言い、マテの会社から契約書を持ってくるように指示。

一方、ダビッドは寝込み続けるボトンを
無理矢理連れて出るの。
車で寝ていたボトンが目を開けると、目の前は海。
海を眺めながらマテに言われたことを
ダビッドに話すボトン。
するとダビッドは
「僕がそばにいる。僕を好きになってくれとは言わない」
というけど、ボトンはマテを忘れられないというのね。

ボトンを家に送ったダビッドが会社に行くと
マテの会社は検察の捜査を受けることに。
窮地に追いやられるマテ。

このことを知ったボトンはダビッドに
「私はマテさんのそばに居られないから
代わりにチーム長がマテさんのそばにいてくれない?」とお願いを。
するとダビッドは、
「社長が探していた暗号はボトンさんだったんだ。
これは社長ももう知ってる。
僕が車にボトンという名前をつけたように、
社長は会社にボトンとつけたんだ。
わからないか?社長が今、そばに必要としているのはボトンさんだ」と言い、
ボトンの背中を押したわ。

そこでボトンはマテの家へ。
「マテさんがいないと生きていけない」
と抱きつくボトンに
「俺のそばにいたらお前が傷つくのがわからないのか」とマテ。
だけどボトンは引きさがらず
「マテさんが笑う時には一緒に笑い、泣く時には一緒に泣く」と。

翌日、マテはダビッドに
「約束を守らなかったんですね」と言いつつ、
二人とも笑顔に。

と、そこへギムがやってきたわ。
検事でなくなったギムだけど、
国選弁護士としてやってきたらしい。
心強い味方がやってきて、マテも嬉しそう。

ギムは検察の捜査が入る直前に
姿を消したドクセンが怪しいというんだけど、
マテは「他の方法でやってもらえないだろうか」とお願いを。

その日の夜、ドクセンはマテに会いにやってきて
事の真相を全部話したわ。
「俺が自首するから」というドクセン。
でもマテは止めるのね。

一方、ダビッドはギムの言葉を思い出していたの。
ミムはギムに情報を流したようだけど、
裏情報なため、GMが認めないと言っていたギム。
そこでダビッドは翌日、ボトンを連れてムンスを訪ねるの。

ボトンから話を聞いたムンスは
ダビッドの言葉を思い出し、
「今のGMは前とは違うので、間違っているならば認めて謝罪しなければいけない」
というのね。
ホッとするボトンはムンスから
ダビッドが弟であること、本名がジュナということなどを聞いてた。

GMからの帰り、
ダビッドはボトンが事実を知って驚いたのではないかと心配なんだけど
ボトンはダビッドもマテも大人なんだな~と思うと話すのね。

その後、GMは間違いを認め、謝罪を正式に発表。
このことでマテの疑いも晴れたわ。

その日の夜、会社にマテを訪ねてマルジャがやってくるの。
本当の母親が自分を嫌っていると話すマテに
「本当に申し訳ないと思っているときほど謝れないこともある。
マテの方から母親に歩み寄ってあげてほしい。
その上で、ミスクの息子として生きて行ってはどうかしら」とマルジャ。
このマルジャの言葉で、マテはホンランに会いに行くことにするの。

ホンランは自分の計画通りに進まなかったことで、怒っていたけれど、
マテに「僕が生まれてきてすみませんでした。もうあなたにお会いすることはありません」
と言われ、ようやく自分の過ちに気づいたらしい。
マテに「私を絶対に許すな」とホンラン。

その後、立ち去るマテを追いかけられなかったホンランに
キソクは懐中時計を2つ返し
「実は手術は受けられなかったんだ。
もう手遅れだったから」と告白。
「私はこれからどうやって生きていけばいいのか」と泣くホンランに
「私たちの子供たちがいるじゃないか」とキソク。

翌日、ホンランはマテに懐中時計を返したわ。
「生まれてきてすみませんと、あなたに言わせてしまったことは
私の間違いだ」という言葉を添えて。

1年後。
ホンランは会社から身を引き、
余命少ないキソクのそばにいることにしたらしい。

ユラはアメリカでカフェ経営の勉強をし、
また韓国に戻ってきたのね。

ダビッドにも新しい出会いが。

そしてマテは、ボトン会社をボトンとダビッドに任せ、
焼き肉店を経営。
そこでドクセンが働いているらしい。

仕事が終わり、焼き肉店にやってきたボトンと食事をするマテ。
指輪を忍ばせて、サンチュに巻き、食べさせたマテだけど
ボトンは知らずに食べちゃった。
「指輪が入ってたのに!」とマテが言うと
「病院に行かないと」とボトン。
だけどボトンは指輪が入っていることに気づいて、
取り出していたらしい。
嬉しそうに指輪を見せるボトンにマテはキスをし・・・

いつ取り出したんや!
何回見ても、取り出したっぽいところはないぞ(笑)

終わり方は、みんながいい人で終わるんだろうな~
と思っていたので、納得の終わり方でした。

ボトンの切ない気持や、
生母に嫌われていると思うマテに
ウルッとしたりしましたが!
ホンランの失脚があっさりしていたのと、
ホンランがマテに謝るのが早いわ!
まわりを散々巻き込んだのに、
そんなあっさりでいいのか?
最終回だから時間がなかったんだろうけど、
雑な感じがしたな~(´・ω・`)





 評価 

 オススメ度と感想 
※総合オススメ度以外の評価の数字は、
見終わった時の管理人の感想を数字にしたものなので、メモ程度にお考えください。


ストーリー展開度★★★★☆☆☆☆☆☆ 4
キャストマッチ度★★★★★★☆☆☆☆ 6
最終話納得度★★★★☆☆☆☆☆☆ 4
胸キュン度★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3
笑える度★★★☆☆☆☆☆☆☆ 3
泣ける度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
せつなさ度★★★★☆☆☆☆☆☆ 4
意外性度★★★★☆☆☆☆☆☆ 4


総合オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4




【ストーリー感想】

原作が漫画だし、ストーリーがしっかりしていれば面白いかも。
と思って見始めましたが、それほどでもなかったな~
漫画は知りませんが、トッコ・マテの役はグンソクくんでピッタリな気がしました。

ラブライン、ホンランの野望、
どっちかに重点をおけばもう少し違ったと思いますが、
どっちも中途半端だったんだよね~



【キャスト感想】

マテ役・・・チャン・グンソク
グンソクくんは「パリの恋人」で見た以来なので、
大人になってからは初めての視聴です。
このドラマでヘアスタイルを何度変えただろうか?
ってくらい変えていましたが、個人的には最後の髪型がよかったかな。
私はグンソクくんのファンではありませんが、
きれいなお顔だな~と何度も思いました^^

ボトン役・・・IU
IUちゃん初視聴。
IUちゃんのイメージ通り、明るい元気な女の子役って感じでしたね。
そう言えばボトンも何気にヘアスタイル、しょっちゅう変わってました(笑)



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。