--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.01*Sat*

星から来たあなた (13話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 星から来たあなた

【あらすじ】
フィギョンはソンイにジェギョンとユラが恋人関係だったことを聞いて、
ジェギョンの裏調査を始める。
ミンジュンの秘密を知って混乱したソンイは結局ミンジュンを訪ねて行くが、
ミンジュンはソンイを守るためにすべてのものを自分が抱えて消える準備をする。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 12話      13話   8     14話 →


400年前、地球に降り立ったミンジュンは
今までいろんなことがあった。

大きな石に足を挟まれて動けない人を見て、
能力を使い、助けてあげると通報されたり、
信頼してくれる仲間に「実は宇宙人だ」と告白すると
逃げられたりしてきた。

だから自分が宇宙人だと告白することで
ソンイを遠ざけようと思ったミンジュン。
でもソンイは、そんな人たちとは違い
「自分の思い通りにできるなら、どうして何度も私を助けたの?
私が望むことをしてくれたし、私を守ってくれたわ。どうして?」と聞いたわ。
するとミンジュンは
「あの少女に似ていたからだ。
もしかしたら2人が関係あるのではないかと思ったからだ。
でもそうじゃなかった。
お前がただのソンイなら、お前がどうなろうと俺は興味がない」
と言い、立ち去ったわ。

衝撃を受けつつ、美術館をあとにしたソンイ。
そんなソンイを心配して見ていたミンジュンは
タクシーを能力で停めたりするけど、
ソンイはまったく気づかず。
「あんたがあの星からきた宇宙人なら、私はバンパイアよ!」
と空に向かって叫んでた。

一方、ユラと付き合っていた男がジェギョンだと
パク刑事とユ検事が気づいたことに、
「いったい誰が知っていたのか」と考え始めるジェギョン。
知っていたのはソンイだろうから、
自分が必ず勝てるゲームを始めると独り言を。

このシーン、ユラが出て来たので
生きてたのか?と一瞬思ったけど、
ジェギョンの妄想でしたね^^;;


翌日、ミンジュンは
「ソンイに宇宙人だと話した」とヨンモクに報告。
ソンイが驚いていただろうと思うヨンモクは
「いっそ、みんなに先生の記憶を一切なくしてみたらどうですか?
そんな能力はないんですか?」と聞くけど
「それは映画でしょう」とミンジュン^^;;

その後、ミンジュンは
「僕に何が出来るでしょうか。
一緒に居てあげることも出来ず、
何かをしてあげることも出来ない。
それならば、ちゃんと生きていけるようにしてあげるしかない。
ソンイが僕がいなくても、ちゃんと生きていけるように」とヨンモクに話してた。

一方、ソンイはホン社長に
「私が好きな人が宇宙人なんだって」と話すの。
これを聞いたホン社長は
「それは男たちが断るための口実よ」と言うんだけど、
そうじゃないと思うソンイ。

そして確かめないと!と思ったソンイは
ハイヒールで山に登り、
大きな声でミンジュンに助けを求めたわ。
だけどミンジュンは現れず。
「そんなことだろうと思ったわよ」
と言いながら、下山したソンイは
大学に行き、ミンジュンの授業へ。

授業後、ソンイはミンジュンに
「一緒に食事をしよう」と誘い、
海の近くまで車を走らせ、食事をしたわ。

食事後、散歩するソンイとミンジュン。
するとソンイは
「一瞬でも、私のことをその少女ではなく、
ソンイとして好きになったことはないのか」
と聞くの。

今までのソンイとのことを思い出しながら、
「ない。一瞬も。
だけどお前はそんなことが重要なのか?
俺が宇宙人だということよりもか?」と聞くミンジュン。
「私には100倍、1000倍、そのことが重要なの。
あなたが宇宙人だろうがエイリアンだろうが、バンパイアだろうが
過去にどんなことがある人だろうが、
私が好きだった人が、私をどう思っていたか、これが一番重要なの。
12年前に助けてくれた人だからとか、そんなんじゃない。
私は隣に住んでいるト・ミンジュンが好きだったの。
だけど他の女を思いながら、私に会っていたのなら、私は気持ちを整理しないと」
と言い、ソンイはミンジュンと会わないことを決心し、ミンジュンに宣言。

そして、一緒にマンションまで帰るけど、
ソンイはミンジュンと話もしないし、目も合わさず家に帰っていったわ。

が!家に帰ったソンイは、
ミンジュンが気になって仕方がなく、
宇宙人について調べてみたり、
「ドッキリカメラなんじゃない?」
と家の中にカメラがないか探したり^^;;
そうかと思えば、急に泣き出したり、運動しはじめたりしてた。

一方、ミンジュンはヨンモクから
「家を買うと言う人がいます。もうすぐ家に行くはずです」と言われるの。
と、そのときインターホンがなったわ。
ドアを開けるとそこにいたのはフィギョン。
この家を買う人がフィギョンだと分かったミンジュンは
ヨンモクに「売らない!」と言ってた^^;;

そのフィギョンは、ソンイの家へ。
ソンイは映画出演が決まったことを話した後、
「この間、刑事が来てね。
ユラとミンジュンさんが付き合っていたのではないかと疑ってたの。
でもユラと付き合っていたのは違う人なのよ。
私、知ってるの。ジェギョンさんよ」とフィギョンに話したわ。

この会話をミンジュンは能力を使って聞いてた・・・

その後、フィギョンは家に帰り、
ジェギョンの車のカーナビで履歴を調べてた。

翌日、ソンイは美術館に行くの。
すると笛の展示がなくなっていたのね。
ガラスが壊れていたので、違う場所に保管してあるらしい。
と、そのときある写真が目に入るの。
新しく展示され始めたその写真を見たソンイはビックリ。
その写真にはミンジュンが写ってたのね。
他の人に見られてはまずいと思うソンイは、
ミンジュンに直接言おうかどうしようかと悩みながら、
家の前をウロウロ。
だけど宣言した手前、直接言えないので、
手紙を貼って、お知らせ。
もちろん自分であることも伏せて(笑)

だけどソンイだということはバレバレで、
手紙を読んだミンジュンは少し笑顔に。
その後、美術館に行き、写真を能力で消してた。

翌日、ミヨンはジェギョンに会いに行き、
ソンイの同意なく、契約書にサインを。
ソンイのスケジュールの詳細はジェギョンの知るところとなったわ。

一方、万年筆について調べるユ検事は、
もう亡くなっている持ち主の周辺を聞き込み、検察に戻ってくるの。
と、そこへミンジュンが訪ねてきたわ。

実はユ検事は聞きこみしていたときに、
ミンジュンの写真を見せると、
「この人が、その持ち主ハン・ソジンさんです」と言われていたのね。
髪型こそ違うけど、顔は同じだと聞かされていたので、
ユ検事はミンジュンを怪しみつつ
「話したかったことを言ってください」と聞いてた。

翌日、ミンジュンはヨンモクとともに検察へ行き、
ユ検事の取調べを受けることに。

一方、ソンイは映画の撮影現場へ。
今回の撮影はワイヤーを使ったアクションシーンなのね。
そのワイヤーを担当するスタッフの中にジェギョン部下がいたわ。

何も知らずに撮影現場に来たソンイは
自分をキャスティングするように口添えしたのがセミだと知るの。
一緒についてきたミヨンは怒るけど、
ソンイは立場が逆になったことを受けとめ、
撮影にのぞんだわ。

そしてワイヤーをつけたソンイが高いところから飛び・・・

-エピローグ-
ソンイがハイヒールで山に登って、
ミンジュンに助けを求めた時。
実はソンイの声でミンジュンは駆けつけていたらしい。
でも本当に危険な状態でないことがわかり
「人を勝手に呼んで・・・驚いただろう」
と独り言を言いながら、立ち去るミンジュン。



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。