--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.03*Mon*

ミスコリア (14話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → ミスコリア

【あらすじ】
審査委員問題を正式に提起したヒョンジュン.
結局主宰側は審査委員不正問題が浮上すると、
ヒョンジュンの提案を受け入れて審査委員を交代させる。
事前審査まで無効になり、前夜祭に向かった候補らの競争はより一層激しくなって、
ジヨンも最善を尽くして前夜祭の準備に取り組む。
ViVi化粧品はユンから受けた投資金で製品生産に入って、
これを知ることになったユンは製品回収に入るけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 13話      14話   7     15話 →


ミスソウルがソニョン1人しか本選に出場できない状況になり、
明らかにおかしいのに、どうすることも出来ないエリやヒョンジュン。
だけどチュンジャは根回しをしていたらしく、
それでソニョンだけが本選への出場権を手に入れていたのよね。

これに気づいたエリはチュンジャの車から絵を見つけ、
絵を買ってソニョンを本選に出場させたことを知るの。

一方、ヒョンジュンは他のミスコリア候補の支援者たちが
1人の審査員の男性に「絵を買ったのに、どうしてウチは入選しなかったのか」
と問い詰めているところに遭遇。
その人たちに話をして、手を組むことにしたわ。

その頃、ソンセンは絵を売っていた審査員の男性を捕まえ、
白状させていたの。

そして控室に連れて行くと、
ちょうどヒョンジュンたち支援者が結束して、
実行委員に文句を言っているところだったわ。

審査員が賄賂をもらっていたことが明らかになり、
実行委員としても、支援者たちと話をしないといけない状況に追い込まれるの。

支援者たちの条件は審査員を全員変え、審査をやり直すこと。
その条件をのまない場合は、ミスコリア大会の収録をボイコットすると強気に出るの。
それは困る実行委員は協議の結果、
審査員を全員変え、審査をやり直すと約束し、ミスコリア大会の収録が無事スタート。

その頃、ファジョンたちは、知り合いに声をかけ、
BBクリームを作る材料を集めてた。

一方、ミスコリア大会が始まり、
ミスコリア候補たちが、チアリーダーをしたり、
歌って踊ったりして、自分をアピールしているとき、
応援メッセージとしてジヨンの家族が登場。
ちょうどミスコリア大会本選当日が、ジヨンの誕生日らしく、
ミョンサンは「その日はわかめスープを食べさせてあげられないけど、
帰ってきたら美味しいものをたくさん作るから頑張れ!」と応援を。

ジヨン役のヨニちゃん、同じ事務所のBOAちゃんみたいでカッコ良かった~♪

最後のチアリーダーでは、ピラミッドの頂点はジェヒが務め、
これを見たエリは満足げ。
ジヨンは一番下の土台で、辛いけど、笑顔を絶やさず。

その後、候補生たちはバスで宿舎まで戻ってくるんだけど、
ジヨンの手にはバラの花があるのね。

宿舎に戻るとファジョンがジヨンを待ってたわ。
ファジョンは化粧品を作るために、ジヨンの応援に行けなくて、申し訳なく思っているらしい。
ジヨンの手のバラの花を見たファジョンは
ジヨンが15人に選ばれたと分かり、
「食事でもしよう」と誘い、のり巻きを買ってくるというんだけど、
ソンセンが「俺が行ってくる」と。
それなのになぜかファジョンは「私も行く」と言い、
ソンセンとファジョンは2人で買いだしに^^;;
待っている間、疲れているジヨンの髪を洗ってあげるヒョンジュン。

そのソンセンとファジョンは、
のり巻き屋さんに着き、「寒いから俺が買ってくる」とソンセンは1人で店に入るの。
そして出てくると手にはのり巻きだけでなく、温かいうどんが1つ。
ファジョンに食べさせたかったらしい。
だけど1人で食べたくないファジョンは拒否。
押し問答の末、ファジョンは「一緒に食べよう」と言い、
ソンセンは照れながらも一緒に食べてた。

中年おっちゃんのソンセンが、
可愛すぎる( ´艸`)ププッ


その頃、ソンセンとファジョンを待っていたジヨンとヒョンジュンを
ユンが訪ねてくるの。
ジヨンの濡れた髪を見たユンは
「俺との約束を守るつもりがあるのかないのか」と不機嫌そう。

そして今回、審査員で参加したので、
ジヨンに会って帰るのは遠慮したらしく、
改めて訪ねて来たらしい。

訪ねてこなくて結構ですが^^;;

そんなユンは
「今回審査員になってわかったけど、
美人は生まれ持ったものではなくお金で作るものだとわかった」
と言い、ヒョンジュンには美人は作れないと言うのね。
「その話をジヨンの前でするか?」とムッとするヒョンジュンに
「ジヨンも現実を知らないと」とユン。
そんな話をジヨンに聞かせたくないヒョンジュンは
ジヨンを連れて部屋を出ようとするけど、ジヨンは
「現実を教えてくれてありがとう。
私の気持ちを奪ってみなさいよ」と挑発。

翌日、ファジョンたちが新しいBBクリームを完成させ、
ヒョンジュンに見せに来るの。
するとヒョンジュンは投資者であるユンにも見せないとと、
ユンに持って行ったわ。

ユンはヒョンジュンたちの行動の早さに驚きつつ、
実は裏でViVi化粧品をつぶす計画をしているらしく、
あれこれと部下に指示を。

腹黒い男じゃ(`-ω-´)

一方、大統領選挙がおこなわれ、
キム議員は落選。
するとキム議員はジェヒを呼び、
「ミスコリアを諦めてくれないか。
あと5年待ってくれ。
そうすればお前を娘だと認める」と言うの。

その頃、ソンセンはファジョンに靴をプレゼント。
履いてみるファジョンは自分にピッタリで嬉しそう。

一方、ユン室長はエリに
「ジェヒがいなくなりました」と報告。

その後、テレビではミスコリアの視聴者投票が始まっていたの。
候補者の番号のあとに♯を押すと、投票できる仕組みらしい。
ジヨンの家でも兄のジソクが必死で投票。
エリやチュンジャは人を雇って、自分の候補者たちに投票してた。

その頃、テレビを見ていた候補者たちも
携帯で自分に投票を。
そして結果は、1位がジェヒ、2位がジヨン。
この視聴者投票の結果が大きく影響されるので
ジヨンの家族やヒョンジュンたちは大喜び。

そしてジヨンはヒョンジュンと抱き合って喜び・・・



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。