--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.02.08*Sat*

星から来たあなた (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 星から来たあなた

【あらすじ】
ジェギョンは昏睡状態であるフィギョンが
自分とユラの関係に感づいていることを知るようになる。
ソンイを救ったのがフィギョンであり二人が婚約した仲だとマスコミに報道されて、
ミンジュンはソンイとフィギョンが気になって何もすることができないけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   8     16話 →


目が覚めたソンイはそばに父がいてびっくりしつつ
「今頃来てくれたの?」と言い、涙の再会。
その後、父が好きだったビールとチキンを準備してもらい、
2人で乾杯。
だけどソンイは乾杯のみで、父からビールを取り上げられてた。

そして父が出て行ったあの日、
外に飛び出したソンイは事故に遭いそうになったけど、
知らないおじさんに助けられたと報告するために
家に戻ると父がいなかったと話すソンイ。
話を聞き「すまない」と謝る父に
「手術のあと、私のそばにいてくれてありがとう。
もうそれだけで今までのことは忘れたわ」とソンイは言うのね。

一方、ミンジュンはまた検察に戻り、
ユン検事とパク刑事に
「さっき言えなかったことを話す」と言うの。

ミンジュンの話を聞いたユン検事とパク刑事は
信じられない話で呆然。

それはミンジュンが宇宙人だという話だったから。

その頃、ソンイの病室にホン社長がお見舞いにやってきたわ。
携帯を片時も離さず、誰かを待っているかのようなソンイに
「宇宙人の男を待ってるの?」と聞くホン社長。
この言葉に慌てるソンイだけど、ホン社長は
「男が嫌いと言ったなら、本当に嫌いなのよ。
女が嫌いというのとはわけが違う」と。
そしてソンイを助けてくれたフィギョンを心配しろというのね。

そこでソンイはフィギョンの病室へ。
まだ意識が戻らないフィギョンを
母とジェギョンがそばについてた。
ソンイのせいでフィギョンが怪我をしてしまったので、
母はソンイを見ると、帰っていったわ。

そしてソンイはジェギョンに
「撮影現場で事故があり、フィギョンに助けられた」と話すの。
「報告を受けたから知ってる」というジェギョンに
「もしかして刑事がジェギョンさんのところに行った?」とソンイ。
「私のところに刑事が来て、セラさんの彼氏を勘違いしているようだったから
ジェギョンさんだって話をしたの」
とソンイが言うと、
「誤解をしているようだけど、そんな関係じゃないんだ。
もう亡くなった人のことだからこれ以上は言えないけど」とジェギョンは説明。
そして「そのことを他の誰かに話したのか?」と聞いたわ。
するとソンイは「フィギョンにだけ・・・」と。

その頃、ソンイの家で入院準備をしていたミヨンは
ジェギョンと連絡が取りたいんだけど取れず。
ソンイの同意なしに契約したことを後悔しているようで、
契約を破棄したいらしい。
だけど、契約書には破棄をするには3倍のお金を払わないといけないことになってるのね。

電話をしたまま家を出ると、ちょうどそこにミンジュンとヨンモクが帰宅。
ミンジュンはソンイがジェギョンの会社とマネージメント契約をしたことをその電話で知り、
電話を切ったミヨンに
「S&Cと契約したことをソンイさんは知っているんですか」と聞くの。
だけどミヨンはミンジュンがソンイを振ったことが気に入らず、
ミンジュンに食ってかかるのね。
見かねたヨンモクがミンジュンの父としてミヨンと言い合いに^^;;
そしてミヨンは「ソンイはフィギョンと婚約するのよ!」と言い、立ち去ったわ。

その後、家に帰ったミンジュンはヨンモクの話も上の空。
ソンイがジェギョンの会社と契約したことが気になるのか、
はたまたソンイがフィギョンと婚約することが気になるのかと聞くヨンモクに
「ソンイはあの男が嫌いなんです」とミンジュン。
「でも友達として好きだと言ってたじゃないですか」
「友達と男とは違うでしょう?」
「男女の仲に友達なんてありませんよ」
「それは昔でしょう?今は違います。
男女の仲に友達はあります」
「だけどそれはソンイさんの事故前じゃないですか。
今は、危ないところを助けてくれたんだから、
感情が変わることもあるでしょう」
「俺は何度も助けたじゃないか」
「だからソンイさんがそういう感情を抱いたんでしょう。
だけど今度はフィギョンさんが助けたからそっちに・・・」
「助けたら、好きになるのか?」
と言い、怒りだすミンジュン(笑)

そして書斎に戻り、ソンイの記事に書き込みをしたり、
ソンイにラインでメッセージを送ろうとしたりするミンジュン。
何度もメッセージを打っては消すミンジュンだけど
最後に「会いたい」と打ち、放置。
すると指が送信ボタンに当たり、送っちゃった。

慌てたミンジュンは時を止め、ソンイの病室に瞬間移動。
そして携帯から自分のメッセージを削除するために
携帯を触るけど、ロックがかかっているため削除できず。
そんなときソンイの髪のゴミに気づくのね。
取ってあげようとしているとき、時が動きだしちゃった(笑)

いきなり目の前に現れたミンジュンにビックリするソンイは
「瞬間移動とかしてきたの?」と聞くの。
そしてミンジュンがソンイの携帯を持っていることに気づき
「どうして私の携帯を持ってるの?」と言い、
「出て行ってくれる?」と。
だけどこのままソンイにメッセージを見られてはまずいミンジュンは
「メールを確認しないのか?」と聞くの。
「関係ないじゃない」と言いながら、ソンイが携帯のロックを解除した時、
ミンジュンは再び時を止め、ソンイの携帯からメッセージを無事削除。
そして時を動かすミンジュン。

携帯を確認したソンイは新着メッセージがなくなっていてビックリ。
そんなソンイの携帯をミンジュンも覗き込んでた^^;;

そして病室を立ち去ろうとするミンジュンは
「S&Cと契約したんだって?破棄するだろう?」と聞くの。
「どうして?破棄する理由がないじゃない」
「ダメだ。破棄しろ。お前だって、嫌だと言ってたじゃないか」
「どうしてそれをあなたが知ってるの?
私の家でフィギョンに話しただけなのに。
フィギョンがあなたに言うわけもないし。
まさか他人の話が聞こえるの?」
とソンイに指摘されたミンジュンは
「全部ではないけれど、そういうこともある」と答えるのね。

するとソンイは今まで家で独り言を散々言ってきたことを思い出し
すべて聞かれていたかもと激怒。
シャワーやトイレの音までも?と思うソンイはミンジュンに
「変態!」と^^;;
「俺はそんな人間じゃない!」と反論するけど、
ソンイは「出て行け」と枕を投げたわ。
「今まで生きて来て、こんなこと初めてだ。
俺は変態じゃない!!」とミンジュン。

一方、フィギョンの意識が戻らないので、
両親とジェギョンが医師から説明を受けていたの。
意識が戻るにはもう少し時間が必要らしい。

そして両親が帰るのを見送ったジェギョン。
と、そこへソンイの病室から出て来たミンジュンがジェギョンに気づくのね。

ジェギョンがフィギョンの病室に戻ると、
病室は真っ暗。
中ではミンジュンが待ち伏せてた。
「ソンイと契約したって?」と聞くミンジュンは
「今回、ソンイだけでなくお前の弟まで怪我をさせた。
俺がすべて本当のことを話したらどうなる?」と言うの。
するとジェギョンはミンジュンが宇宙人なので、
ミンジュンの正体を知ったら、だれもミンジュンのことを信じないと言うのね。
自分の正体よりもミンジュンの正体のほうが世間では恐れられるからとジェギョン。

そしてジェギョンはミンジュンが自分と手を組むなら、
すべてを幸せにしてやると提案。
ミンジュンは「考える」と返答。

その頃、ミンジュンを追い出したものの、
気になるソンイは、病室内をウロウロと。

一方、家に帰ったミンジュンは、
ソンイがフィギョンとラブラブな様子を想像し、1人で怒ってた^^;;

翌日、ソンイが退院。
無理はしちゃいけないらしく、
この間のシーンはスタントを使ってくれることで話がついたらしい。

翌日、ソンイが撮影に行く準備をしている間に、
ミヨンはソンイがS&Cとの契約をしないと言っていることを
S&Cに伝えるの。
だけどジェギョンはソンイのためにスタッフを万全に整え、
これを見たミヨンは「これだけ準備してくれているから」
と契約を続行することに勝手に決めるのね。

家を出たソンイにこのことを話して、一方的に電話を切るミヨン。
仕方なく、マンション外に出てみると、誰も待っていないのね。
と、そこへミンジュンがやってきた!
自分とは関係ない人と、挨拶だけするソンイに
「車に乗れ」と言い、スタッフたちは自分が追い返したと話すミンジュン。
ソンイの法定代理人として、契約を破棄させたらしい。

そしてミンジュンはソンイを車に乗せ、
「ソンイのマネージャーになる」と言うの。
自分を振ったくせに、どういうつもりなのかと思うソンイだけど
「自分の思いたいように思えばいい」とミンジュン。

撮影現場に到着したソンイは
「待ってなくていいから」と言い、立ち去ったわ。

その後、ソンイはセミに呼びとめられるの。
フィギョンから友達としてもいられないと言われたことなどを話すセミは
「私があなたを憎む気持ちをわかってくれる?
あなたはフィギョンがそばにいて気楽だっただろうけど、
私には持っている物すべて失っても、手に入れたいたった一人の人だったの。
その人がソンイを見てるのに、私に何が出来る?」と言い、
事故のとき、フィギョンではなく私が死ねばよかったと思っていたらしい。
フィギョンもきっとソンイを助けたのはセミと同じ気持ちだっただろうと言うセミはソンイに
「フィギョンを受け入れてくれないか」と頼んだわ。

一方、パク刑事はジェギョンに会いに行き、
ジェギョンを検察に連れて行くの。

このことを知ったイ会長は
「どんなことをしてでも情報収集して、検討しろ」と部下に指示を。
この話を意識が戻っていたフィギョンが聞いてた・・・

実はフィギョンはソンイが病室にやってきたときに意識が戻っていたらしい。
ソンイとジェギョンの話や、
ミンジュンとジェギョンの話も全部聞いていたらしい。

その頃、ソンイは自分の出番がなかなか回ってこず、
スタッフに聞くけど「数時間ぐらいかかる」と言われちゃうのね。
そこで寒さをしのぐために衣装室に行き、
時間をまでと横になって寝ちゃってた。

その撮影は暗くなったため、ソンイのシーンは後日撮ることになり、
ソンイに連絡を入れるように言われた下っ端スタッフ。
だけど下っ端スタッフは他の出演者に声をかけられたため、連絡するのを忘れたみたい。

寒くて目が覚めたソンイは、
周りが真っ暗でビックリ。
「誰かいませんか?」と言いながら、外を歩くソンイのそばにミンジュンがやってきた!

「帰ってと言ったでしょう?」
「待ってると言っただろう」
「どうして待ってたの?」
「お前を守らないといけないから」
「守らないといけないって・・・
私は頭が良くないから、私の分かる言葉で言ってくれない?
私を散々もてあそんで。私を一度でも好きだったことはないって言ったじゃない!
私があの女の代わりだったって言ったじゃない!
まだわかっていないようだから、ハッキリ言うわ。
私もあなたのことが嫌いなの。
だから私の目の前から、私の人生から消えて。
それと、あなたのしていることがワガママなことだと気づいてくれたらいいわ」
と言い、ソンイが立ち去ろうとした時、
周りの電気が付き始めるの。
ソンイが驚いてミンジュンの方を振り向くと、
ミンジュンはさらに能力を使い、ソンイを自分のそばに連れて来た!
「今、何をしたの?」と聞くソンイに
「俺がお前にできる一番のわがままだ」と言い、
ミンジュンはソンイにキスを・・・

ミンジュンの最後の一言、いいわ~
良すぎて何度も見ちゃったもんね(笑)


-エピローグ-
意識が戻らないソンイの病室をあとにしたソンイ父。
エレベーターに乗っている時、エレベーターが急に停まるの。
「故障ですかね」と一緒に乗っていたミンジュンに声をかけるソンイ父。
するとミンジュンは
「もしかしてソンイさんのお父さんですか」と聞くのね。
「誰ですか?」
「ソンイさんがお父さんにとても会いたがっていました。
目が覚めた時に、そばにいてあげていたら、とても喜ぶと思います」
「ソンイと親しい人ですか?」
「僕がソンイさんをとても好きなんです」とミンジュンは言い・・・



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。