2010.01.01*Fri*

ラブ・トレジャー~夜になればわかること (1話~10話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → ラブ・トレジャー~夜になればわかること 


レビューは2話まで字幕なし視聴。字幕あり視聴完了。
訂正はTOKYO MXで視聴後、この色で追記済。


1  2  3  4  5  6  7  8  9  10     11~17話 →

 1話 

赤外線のはりめぐらされた部屋で
赤外線をかいくぐって財宝に近づくチョヒ、カッコ(*゚∀゚)ィィ!
財宝取ったらタイマーが作動して館内が閉まりだして捕まっちゃった
って思ったら訓練だったみたい
こんなことがあっても警備は万全ですって上層部はしたかったんだろうけど
チョヒは逃げ切ったのね((*≧m≦)ププッ
逃げ切ったためにチョヒ、怒られてましたよ

ボムサンは女性から人気があるみたい。
会う人会う人、ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ言ってたし、サインしてって言われてたもの。

文化財監視グループ所属のチョヒは日本にあるものを探しにいきます。
そして同じ頃、古美術学者のボムサンもあるものを探しに日本へ。


大阪キタ━━ヽ(・∀・` )ノ━━!!!!
道頓堀・・・
そしていきなり金沢(ェ;)
なして大阪が映ったの?
ちょっとツッコミたいけどそこはガマンガマン。
そしてドンゴンssi日本語うま~い!
ソナオンニもうまい!!(当たり前か)
でも存じ上げない・・・が、じょんじあげないってなってたけど
 
 ボムサンが日本に到着したシーン。
 道頓堀や金沢の町並みが映し出されたはずだったのに
 日本では一切カット。


宿に着いたボムサンは「スズキハナコ」という人物で予約してある部屋に行きます。
その「スズキハナコ」はチョヒでした。

 この「ススギハナコ」は韓国人で韓国から日本に骨董品を密輸してたらしく
 チョヒが捕まえて警察に身柄が拘束されている人物。
 その人物に成りすましたチョヒと、別ルートから、同じものを追ってきた
 ボムサンもまた仲介人の「キム」という人物に成りすましていたのでした。


ボムサンはハナコを日本人でハングルが理解できるというふうに思っていたのね。
チョヒはハナコになりきって日本語で話していたのだけど
ボムサンに「ハングルが出来るって聞いたのですが・・・」って言われてからは
ボムサンの前ではハングルで話すチョヒ。

チョヒとボムサンは観光に行くんだけど、
観光してると韓国の観光客に取り囲まれたよ。
そして骨董品店に行くボムサン。
そのお店にいた客のタナカは、1億5000万の陶磁器を買おうとしていましたが
ボムサンは一目でニセモノと判断してその壺を叩き割ります。
壺の底を見て見抜いたんだって。
それを見てタナカはボムサンを気に入ったらしく、ボムサンを家に招待するみたい。
そのことをチョヒに話すボムサン。
「ホントに家に行くの?」と心配そうなチョヒに
「心配いらないでしょ。一緒に行きましょう」ってな感じでボムサンは言ってたわ。

 「一緒にいきましょう」ではなく、チョヒがボムサンについていったのね

タナカにチョヒを紹介すると、タナカの知り合いにスズキハナコさんがいたのね。
きっとそのススギハナコさんにチョヒがなりきってたはずなのに、
つながってる人だったもんだから、チョヒはあたふたしてたわよ。
そしたタナカの家についたら、まぁ大変!
部下?手下?の人が玄関先で2列に並んでタナカの帰りを待ってたわよ。
チョヒは気づかれないように文化財監視グループにタナカのことを伝えてたわ。
文化財監視グループは大慌て。
急いで何人かが日本入りするみたいよ。

 何が大慌てかってね・・・実際の「ススギハナコ」を知ってる
 人物だったからなのよ~。それはチョヒの身が危険だわ!


タナカに何かを見せてもらう約束をしていたボムサンはチョヒも連れて行こうとしますが
チョヒは不都合があるらしくその場でたおれてしまうの。
別の部屋で休ませてもらうチョヒ。
でも本当に倒れたわけじゃないので、浴衣に着替えてウロウロするのよね。

チョヒの着ていた着物は帯が簡単なマジックテープの帯みたい。
そして裾もちょっと短くて・・・
本格的に着るのには動きまわるので問題があったのかしら。
でもちょっと違和感あるのよね~


ウロウロしてたら指紋認証システムがついてるドアをみつけて
そのドアを開けようとして警報が鳴りチョヒは追いかけられちゃうの。
ギリギリで逃げ込んだのは、露天風呂。
しかーし、そこはボムサンが露天風呂に入っていたの。
急いで入ったチョヒは浴衣ごとはいったので浴衣がずぶぬれよ。

この露天風呂のシーン。
きっと長くお風呂に入っていたのね。
ドンゴンssiもソナオンニも顔が真っ赤でほてってたわ((*≧m≦)ププッ


何か勘違いしたボムサンはチョヒに近づいてきます。
「何すんのよ!」ってな感じでチョヒは逃げるんだけど
ブラジャー忘れてきたの!
そのブラジャーをボムサンが見つけて見られちゃった!
日本人なのに韓国のブラジャーしてたから・・・不思議がってたわ!!
そしてチョヒがタナカと話していた会話を思い出し
ススギハナコはニセモノだと確信するのね。
そしてタナカが大事にしていた猫の飯皿を見てボムサンの目の色が変わったわ。

次の日。
チョヒにススギハナコではないだろって問いただすボムサン。
そしてタナカが大事にしていたツボをチョヒとボムサンは見せてもらいます。
でもボムサンは「よく似たニセモノです」っていうの。
ニセモノだと知ったタナカはボムサンに感謝して
欲しいものがあればなんでも用意するっていうの。
そこで、ボムサンは猫をくれって。もちろん持ち物もすべて。
ボムサンは猫がほしいわけじゃなくこの飯皿がほしかったわけだからね。
そんなとき、キムという人がタナカを尋ねてきて
ある写真をみせて「これが欲しい」っていうの。
それは猫の飯皿。
タナカはそこで初めて飯皿が価値のあるものだと知り
ボムサンとチョヒを追いかけます。
逃げ切れず結局つかまっちゃったボムサンとチョヒ。

「すごい皿だってわかってたんだろ」っていうタナカ。
「あなたにとって猫の食器にすぎなかったでしょ」とチョヒ。
「どんなものでも大切に思うならそれなりの代価を支払うべき」というボムサン。
そしてチョヒは「あなたにとってこれはお金にしかみえませんよね。
わたしたちにはこれは大切な文化財なんです」
って言って皿を返して出て行こうとすると、タナカは猫を置いていけって言うの。
そしてその代価として皿をボムサンに渡すのよ。

このシーンのソナオンニの日本語、最初にしゃべってた日本語より
はるかにスムーズで聞きやすい日本語でした!!


ボムサンはニコニコで帰国したの。
そこで熱烈な歓迎でボムサンを待っていたのは・・・
チョヒの所属する文化財監視グループだったの。
ボムサンはそこで初めてススギハナコがチョヒという
韓国人だと知ってポカーンとしてたわ((*≧m≦)ププッ




 2話 

結構、間違えてたわ~
そして今回見てわかったこと。
チョヒ父はノ班長に捕まって刑務所に入れられたんだね。
そして刑務所を脱走したのかな?
チョヒ父が泥棒だとは知ってたけど、ノ班長が捕まえていたとは・・・


日本から先に帰ってきたチョヒ
皿を返してもらうために、報道陣などをあつめて
ボムサンが返さないといけない状態にもっていったのね。

大切な皿を取り返したということで、
文化財監視グループの班長・シワンとボムサンが表彰されることに。
チョヒとボムサンは、お互いに気に入らないようだけど
チョヒと同じ文化財監視グループに所属している
ジュヒョンはボムサンに取り入ろうと色仕掛けで近づいています。

ボムサンとチョヒが日本にいるとき以来、初めて二人で話します。
お互いによく思ってない二人は、言い合いしてますよ。
「詐欺みたいなことして」というチョヒに
「お前だって詐欺みたいなことしてただろ」というボムサン。
まぁお互いさまなんですけどね((*≧m≦)ププッ

 詐欺みたいなことして・・・なんていってませんでした∑(ノ∀`)ペチッ!!
 チョヒはボムサンがどこかの財閥の支持でお皿を日本まで
 探しにいったと読んだわけね!
 当たってるからボムサンも下手に言い返せないわよね。


ジュヒョンはボムサンに理由をつけて会い、
チョヒのことをいろいろ言ってるみたい。
チョヒの至らないところを自分が謝っていい印象を与えようとしているみたいだったわ。

 諮問委員をお願いされてたボムサン。
 でもチョヒの「ダメ」って言ったのに助けられて、引き受けずに済んだの。
 それをチングに話すと「なんで断ったんだよ!」って逆に怒られてたよ(^m^*)
 お金を稼げるチャンスを捨てちゃったボムサンだけど、
 いまさら引き受けますともいえず・・・
 そんなとき、ジュヒョンがたずねてきたから、やっぱり引き受けてほしいと
 お願いされるのかと思いきや・・・
 諮問委員は、ボムサンのライバルのコン教授が引き受けたんだとさ。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ


夜中、会社にいるチョヒに1本の電話が入って、
ある文化財を誰かが密かに運ぶ情報が入ってきたようです。
文化財監視グループのメンバー全員そろえて待ち構えますが
捕まえてみると、ぜんぜん関係ない人で、
チョヒはみんなから攻められます。

そのころ、ボムサンはチョヒが取り返そうとしていた品物を
運び屋みたいな人から受け取っていました。
チョヒがその品物を取り返そうとしていたのも知ってたようですね。

落ち込んで出社したチョヒ。
部屋にはみんないなくて、
ボムサンがそれを手に入れて取材に応じてたのかな・・・
最後が曖昧。

 弟には「他の人が夜中にガセネタだと気づかずみんなを呼び出した」と説明。
 「その人は謝ったの?」って聞く弟に「ううん」って言うと
 「謝らないなんてそんなのダメだ!」って怒る弟。
 そこで次の日、チョヒは謝る練習をしてから部屋に入ったのよね。
 そしたら誰も居なかった・・・と。


なんかこんな感じでした。
すっごい抜けてると思うけど、なんとなくこんな感じ・・・ということで。

ボムサンが手に入れた品物をジュヒョンに流したってこと?
出社したチョヒが見たものは、ジュヒョンが持ってきた例の品物。
お手柄はジュヒョンってことになるのかな。
でもそこでジュヒョンはボムサンの名前を出していたから
チョヒはボムサンに邪魔されたことに気づいてボムサンに確かめに行くのね。
そして会議をしていると、ボムサンが入ってきた!!
関係者じゃないから出て行ってというチョヒに
ジュヒョンがなにやらボムサンは関係者だと言ってるみたいだったわ。
この文化財監視グループにボムサンも関わってくるってことかしら。





 3話 

ボムサンの歓迎会。
チョヒ以外は歓迎しているようだけど、チョヒはボムサンが何かを企んでるとみているのよね。

「あの絵はどうやって手に入れたんですか?私たちでも手に入れられなかったのに」
というチョヒに
「ある男が絵を鑑定してくれと持ち込んできたので・・・」と嘘をつくボムサン。
「それじゃあ先生は犯人の顔を知ってるんですね?」ってツッコまれてタジタジに
なんとかその場を切り抜けたボムサンだけど、チョヒは
どこかの財閥とボムサンがつながっているとみたのね。

ある村のお屋敷に泥棒が入ります。
何が盗られたのか調査に行くボムサンとチョヒ。
一方、国会議員イ議員の家にも泥棒が・・・
カン班長やジュヒョンたちが捜査にいきますが
イ議員は一転して「何も盗られていないから」と被害届を取り下げてしまいました。
ジュヒョンはボムサンのことが気に入ってるので
早くボムサンと合流したいのよね~
カン班長が
「ボムサン先生を気に入ってるの?」と聞くと
「いいえ、先生が私のことを気に入ってくださってるの」だって。
そのあとのカン班長の
「かわいいんだか、抜けてるんだか・・・」
っていうセリフに((*≧m≦)ププッ

ボムサンがお屋敷で書物の整理をしている間
チョヒは町の人にインタビュー。
そこにジュヒョンにせかされやってきたカン班長。
ボムサンがどの書物がなくなったのかも把握できたので
みんなで食事をしにいくと・・・
イ議員が被害届を取り下げたことの話になりました。
「盗られてないんじゃなく、盗品を盗られたんだ」っていうことで
みんなの意見が一致。

イ議員がどの盗品を所持していたのか古美術商に探りを入れるボムサン。
が、そこで違う情報を入手。

チョヒは自分のことをトイレで話している女子たちを捕まえて
知ってることをしゃべらせたみたい。
ボムサンの仕業だとわかったチョヒは
ボムサンのTV収録のあと、司会者のヨジャとイチャイチャしているところを直撃。

「なんで嘘を言うんだ」って聞くボムサンに
「あんただって嘘流したでしょ」と言うチョヒ。
あれこれ言い合いし、
「国の文化財をキム社長に流すつもりだったでしょ」と言われ
「キム社長じゃない、チョン社長だ」と本当のことを言ってしまうボムサン。
チョヒはふっかけただけだったのにねぇ( ´艸`)ププッ
その話をボイスレコーダーに録音していたチョヒは
この情報を売るというの。
それは困るとボムサンは追いかけて、チョヒに
「イ議員が所持していたものがわかったんだ。」
とその所持していたものの名前を言うと
チョヒは何も言わずに立ち去ってしまいました。

チョヒ父のチングに会いに行ったチョヒ。
ボムサンが言ってた盗品はチョヒ父が盗んだものだったのよね。
父が盗んだものだから、自分が見つけて返すというチョヒ。

そしてボイスレコーダーを武器にボムサンに探すのを手伝わせます。
知ってる盗賊のところで聞きこめというチョヒの命令に従うしかないボムサン。
「もう全員のところに行った」というボムサンに
「出どころのところにはまだ言ってないでしょ」ってツッコまれてるし
「そこには明日の朝行きましょう。お腹がすいたからご飯たべましょ」っていうチョヒ。
ご飯を食べながら、お屋敷で盗まれた書物について話をしていた2人。
食べ終わり外に出ると雨が降ってました。

ここでなんとっ!sgくんのウスプチがかかりました~(ノ∀\*)キャ
思わず「ウスプチ!」って反応しちゃったので、
そのときの会話の字幕みてなかったんだなぁσ(*´∀`*)エヘヘ


次の日、古美術商でボムサンと待ち合わせしていたチョヒは
電車の中で、あることに気付いたの。
それはお屋敷のある町でインタビューしていたときに聞いた
「○○(昔の人の名前)の子孫が住む町」の○○と
とボムサンが食事のときに話していた書物の人の名前が
同じだったのよね。
古美術商でボムサンと合流したチョヒはそのことを話し、
その書物の原本がある文化財庁に急いで戻ったの。

一方、村ではまた同じ書物が盗まれた事件が発生していて
カン班長が聞き込みをしていたんだけど
文化財庁の名前を名乗り、その前にも同じことを聞きに来たと
その家に住むおじいさんが答えるのよ。
盗賊が文化財庁を狙っていると気付いたカン班長。
そこにチョヒからも連絡が入り、
文化財庁にある書物が無事かどうか確認しろとチョヒに指示。

急いで書物のあるところに行き、確認するボムサンとチョヒ。
保管係から「博物館の人が引き取りに来てくれるからこれで安心」と言われ
確認が終わった二人は帰ろうとするの。
そこに博物館の人が引き取りに来て、書物を渡したんだけど
文化財庁を出たところでボムサンのチングとばったり会って
「何してるんだ?」とボムサン。
「書物を引き取りに来たんだ」っていうチングの言葉に
さっき入ってきた博物館の人は盗賊だって気付いた二人。

盗賊を追いかけ、エレベーターに乗っているのを見つけたんだけど
2人がエレベーターに到着する前に地下に行ってしまいました。

階段で地下の駐車場までいくボムサンとチョヒ。
盗賊はエレベーターから降りた後で
駐車場に出たチョヒは発進する車の前に立ちはだかり
盗賊はアクセルを踏んで・・・

書物の名前、字幕で出てきても覚えられませんな
人の名前もキャストならわかるけど、そうじゃなければ覚えられませ~ん。
字幕なしで見てたら絶対ちんぷんかんぷんの回だと思います





 4話 

車の前に立ちはだかったチョヒめがけて
車は向かってきたけど、直前でボムサンがチョヒを助けました。
体当たりしたので心配するボムサンだけど
チョヒは車のナンバーを繰り返し言いながら、カン班長のところに

さすがチョヒ。
ここでしおらしくしたらチョヒじゃないもの( ´艸`)ププッ


盗まれた書物を取り返すために、会議が開かれます。
そこでボムサンが
「あの書物はまだ修復途中です。
だれかが修復しないと高値で売れないから
技術のある人物を当たるほうが早いでしょう」
って提案。

会議終了後、チョヒがボムサンに
「一緒に捜査してくれないか」って頼むけど断るの。
しかーし、お偉いさんが
「協力してくれますよね?」っていうと
あっさり「もちろんです」だって((*≧m≦)ププッ

そして捜査に行く二人。
廃業したという家にいくけど、そこから修復する時に使う薬品のにおいがしたボムサンは
この家だとチョヒに伝えるの。
カン班長たちがその家に乗り込むけど、
うまくかわされて、ガセネタだったとチョヒに連絡。

「そんなはずはない!!」とボムサンがまたその家に向かおうとするんだけど
そのときチョヒがキムさんを発見!
ボムサンをおいて一人で尾行を始めるの。
それに気づいたキムさんに、チョヒは捕まっちゃった・・・

警察に連れていかれて、
「文化財庁の人間が警察でもないのに人を尾行して!!」って
怒るキムさんですが、文化財庁でも取締班のチョヒは
警察のように尾行しても問題ないことがわかり
キムさん、イヤミをいい帰って行きました。

ノ班長に怒られるチョヒ。
車の前にたちはだかったり、一人で尾行したり
危ないことばっかりするので、
親心でこの捜査から外れろって言われちゃうの。

ノ班長とチョヒはノ班長がチョヒ父を捕まえたときから
ずっとチョヒを見守ってきたっていう仲だったのね。

そして違う捜査にいかされるチョヒ。
ボムサンはジュヒョンからそのことを聞き、
少しは自分にも責任があると思って
捜査に出かけるチョヒを待ち伏せ。

ここでsgくんの「ウスプチ」キタ━━ヽ(・∀・` )ノ━━!!!!
前回は少ししかかからなかったけど
今回は少し長めにかかったぁ


泥棒の家族に聞き込みをする2人だけど
家族は知らないの一点張り。
が!子供は正直ね。
「おばあちゃんが知らないなら、お父さんに聞けばいいじゃない」
って子供が言うのよ。
泥棒をしたのはそのお父さんだったのよね。
隠れてた父は逃げようとするけど、チョヒに捕まっちゃった。

泥棒は「あと少しで子供の誕生日なので、それまで待ってほしい」
ってチョヒに言うの。
でもチョヒは心を鬼にして逮捕。

このことでボムサンはチョヒのことを見損なっちゃうの。
「お前の父親でもそうするのか?」
って言われたチョヒ。

言えないよね・・・

自分が逮捕したのは「どこにいるかわからないより
刑務所にいてれて、会いたいときに会えるほうがいいから。
ちゃんとご飯食べてるんだろうか、寝るところはあるのかとか
心配しなくてもいいから」
だったんだけどね。

こんな思いをカン班長には伝えることができるんだけどね~
そしてカン班長は、チョヒに現場復帰してほしくて
書物が取引されるかもしれない、オークションの招待状を持ってきました。

ノ班長にお願いに行くチョヒ。
最初はダメって言ってたノ班長だけど
娘のように思ってるチョヒのお願いは
ダメって言い続けられなかったみたい。

現場復帰のお許しが出たチョヒはボムサンに
オークションに一緒にきてほしいとお願いに行くけど
あの時に見損なってるからチョヒのお願いは却下されちゃった。

父が逮捕された女の子の誕生日に
ケーキを持っていくボムサン。
だけどその子から
「どうして私の誕生日知ってるの?あぁ!お姉さんに聞いたのね」
って話始めるの。
「お姉さんも同じだったんだって。お父さんが捕まって毎日泣いてたって」
っていう女の子に、詳しく聞き始めるボムサン。

何回も捕まったということと、かの有名な盗賊の本名をホ・テスと言ったチョヒのことを
思い出し、ホ・テスがチョヒの父だと気づいたボムサン。

チョヒが捕まえた理由がボムサン、わかったみたいね。

オークションには、韓国大学の教授でボムサンの同僚の人が
同行することになったんだけど
その人、教授なのにまったく知識ない人で・・・

「あなたと会場に入ることはできません」っていうチョヒに
「大体わかるから大丈夫」という教授。

あほか・・・

そこにボムサン登場。
そしてチョヒとともに会場に潜入。
後ろから何も知らないキムさんも入ってきて・・・

この人が教授になったおかげでボムサンは教授になれなかったんだものね。
どんな大学やねんっ!





 5話 

オークションに潜入捜査に入ったチョヒとボムサン。
オークション主催はボムサンが財宝を流していたチョン会長だったのね。
「チョン会長と会ったらまずいんじゃない?」と心配するチョヒに
「本人はこないだろう」とのんきなボムサン。
しかーし!!
チョン会長が現れたっ!!(((( ;゚д゚))))アワワワワ

あわてて隠れようとするんだけど、隠れるところもなく・・・
とりあえず顔を見られないように、チョヒとラブラブしてるように見せかけて
なんとか顔を見られずに済んだの。

すこーしずつ、ストーリーは恋愛路線に変更しておりますよ~
確かこのあたり、視聴率が下がり気味で、脚本家が新しく投入されてたはず・・・


ホテルの庭ではパーティが開催されてるけど、
その頃、ホテルの一室では骨董品のオークションももうすぐ始まります。

ホテルを機動隊が囲んで、突入の瞬間を待っていたわけですが・・・
キムさんの手下のイ・サングがホテルに到着したとき機動隊を目撃。
そこでオークションに出品していて、文化財庁が探している品物を
出品を取り下げて、逃げようとします。

オークション中止が伝えられた一室では、ボムサンとチョヒが
その文化財宝を追いかけますが、まかれてしまいました。

しかーし!
ボムサンがイ・サングと以前、裏取引をしたことがあって
キムさんのアジトを知っていたので、
カン班長に連絡して仁川埠頭に向かいます。

ヒールのまま追いかけていたチョヒは膝にけがするわ、足はくじくは・・・

ここでsgくんのウスプチ~

その足のまま、文化財宝を取り返そうとするチョヒを
ボムサンは「俺が行く」と。
チョヒにカン班長に連絡しておくように言って、ボムサンはなんとか財宝を手にするんだけど・・・
その間にチョヒがキムさんにつかまっていました。

文化財宝とチョヒの交換で、先にチョヒをというボムサンに対して
キムさんが譲らないでいると、ボムサンはその文化財宝を破り
数枚燃やしてしまいます。
あせったキムさんは、チョヒを先に返すことに。
ボムサンはそのまま返すわけもなく・・・火をつけて返しました。
がっ!!この文化財宝と思われたものは、ボムサンがたまたま授業で
使おうと作っていた偽物。

ホテルからキムさんを追いかけるときに、
助手席に置いてあったのよね~
だから偽物だってすぐわかったわ( ´艸`)ププッ


チョヒに本物を見せて、ようやくチョヒも一安心。

一方、ことあるごとにカン班長に連れ出されるジュヒョン。
ボムサンと一緒にいたいのに、カン班長が邪魔してるんだと思ってるのよね。
その勘違いにカン班長もかなり迷惑そう
ボムサンとジュヒョンを取り持ったら、勘違いだってことを信じてくれると思ったカン班長は
ボムサンに連絡して、ボムサンが飲んでいるお店にジュヒョンを連れていったの。
がしかーし!
ボムサンはチョヒと飲んでたのよね~
これまたジュヒョンはチョヒを見るなり不機嫌に。
そしてカン班長の前で、以前日本でチョヒがボムサンに迫ったって話を
し始めたジュヒョン。
チョヒはジュヒョンをトイレに連れて行き、
「まったく興味がないから」と告げるんだけど
「それは完全にあきらめたってことですか?」
とこれまたまだ勘違いしているジュヒョン。
面倒なので「そうなの。もう完全にあきらめたの」と話を合わせるチョヒ。
胸に手を当てさせ誓わせようとするジュヒョン。

勘違いしすぎも迷惑だわ~

気分よく席に戻ったジュヒョンはお酒を飲みすぎたみたい。
カン班長をボムサンと間違えて
「もう一軒行きましょう」って誘ってるの
酔っ払い過ぎてるのでカン班長はジュヒョンを送っていくって帰っちゃった。

チョヒはカン班長と飲めると思ってたのにね・・・

結局ボムサンと2人でタクシーにのって家に向かうチョヒ。
ボムサンの肩にもたれて寝るチョヒ。
目が覚めたチョヒはボムサンといい雰囲気になり
タクシーでkissを・・・
とこれは、ボムサンの妄想でした。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ

こういうボムサンとチョヒのいい雰囲気のときに
sgくんのウスプチが流れるんですね~
ってことはこれからウスプチの流れる回数が増えるのか??


現実のチョヒは、タクシーのおじさんにハキハキと「そこを右に曲がって」とか言ってました。

次の日、出社前にカン班長のいる警察に行くジュヒョン。
送って行ったのがカン班長だったので、
これまた勘違いがひどくなったジュヒョン。
「カン班長に私を忘れる時間をあげます。1週間、私に話しかけないでください」
と部屋を出て行きました。

アホすぎて笑える~( ´艸`)ププッ

カン班長がノ班長に呼ばれて取締班の部屋にやってきました。
チョヒがボムサンのことを好きだと、
これまた勘違いしているカン班長に「お似合いだから頑張れ」と言われ、
その勘違いの根源がボムサンだと気づいたチョヒはボムサンを呼び出し、
「今度こんなことがあったらただじゃおかないからね!!」と捨て台詞。
自分の部屋に戻ったボムサンが、なんで自分ばっかり言われなきゃいけないのかと
チョヒを自分の部屋に呼びつけたの。
タイミング良く、イ・サングがボムサンを訪ねてきたわ。
以前、ボムサンがイ・サングをだまして財宝を取り返したのよね。
それを文化財庁に返したことから顧問の依頼がきたんだもの。
そのことをキムさんが知り、サングはキムさんに怒られて殴られてて
たぶんその仕返し。
何発か殴られたところにチョヒが訪ねてきて、ドアを開けた瞬間
サングが逃げた!!

チョヒが薬を買ってきて、傷口に手当てしてあげてるときに
目がかわいいだの、まつ毛が長いだの、チョヒを褒めるボムサン。
「いつもそうやって口説いてるの?
そういう男も男だけど、それに騙される女が理解できないわ」とチョヒ。
「今まで一度も俺といてときめいたことはないのか?」
「ないわ。男として一度もみたことがないから。これからもないから心配しないで」
自分が子持ちのカン班長より劣ると言われたことが気に入らないボムサン。
立ち去ろうとするチョヒの腕を掴んで無理やりkissを・・・

この回からチョヒを見るボムサンが少しずつ変わってたからね~
カン班長に勝ると思ってた自分がチョヒにとってはそうじゃないことが
許せないだけなのか、どうなのか・・・
これでチョヒの気持ちに変化があるのかな??





 6話 

kissされて怒るチョヒ。

そりゃそうだよね。チョヒはカン班長が好きなんだもの。

翌日、掘り起こし現場に鑑定に来たボムサンに
土掘りを命ずるチョヒ。
ボムサンは3時間ずっと土掘りをしていたため、疲れが出たのか風邪をひいたみたい。
病院に点滴を受けにいったときに、ちょうどチョヒから電話がかかってきたの。
仮病で休んだと思ったらしくってね( ´艸`)ププッ

ボムサンは友達の医者に「右手に包帯を巻いてくれ」って頼んだわ。
土掘りのときチョヒに右手を踏まれたから
それで骨折したとチョヒに嘘をつくために。

まんまと嘘を信じちゃったチョヒ。
「この手じゃ運転できない」って言われて
仕方なくボムサンを家まで送るんだけど
「キムチ鍋が食べたい」って言われて
これまた仕方なくキムチ鍋を作るの。
ボムサンの言うことを聞いたから
「もう帰ってもいい?」と聞くんだけど、
うまく食べられないボムサンを見て、
これまた仕方なく、食べる手伝いをするチョヒ。

一方、カン班長が自分を好きだとまだ勘違いしているジュヒョン。
カン班長はジュヒョンとすれ違うとまた何か言われると思って
ジュヒョンを見つけたら逃げるように引き返したの。
するとそれを見たジュヒョンが先回り

「どうして逃げるんです?」
「話しかけるとまた怒られるので・・・」
「あいさつしないでいいとは言ってません。もしかして無視してます?」
「いや・・・」
「それならよかった!ちょっとお願いがあるんです」

無視してます?って・・・
話しかけるなって言ったのはジュヒョンじゃないのさ。゚(゚ノ∀`゚)゚。アヒャヒャ
カン班長もいい迷惑だな~


ジュヒョンのお願いとは、ボムサンのお見舞いに一緒に来てくれってことだったの。
ボムサンの家のインターホンを押したときカン班長は聞きました。
「どうして僕を誘ったの?一人で来れば2人きりになれたのに・・・」
「先生も健全な男子です。なにかあっては困りますから」

何もありませんよ~
というか、男は全部自分に興味があると思ってるのが迷惑ですよ~


インターホンがなり行ってみると、カン班長とジュヒョンが来ていて
チョヒは「カン班長には絶対に見られたくないの!」
とクローゼットに隠れます。

部屋に入ったカン班長は女性が居たことに気づいたみたい。
一方のジュヒョンはまったく気づかず・・・
そのとき、チョヒの携帯が鳴ってジュヒョンが気づいたけど
ボムサンはごまかし・・・
飲み物を入れるというボムサンに「私がやります」とキッチンに行くジュヒョン。
右手をケガしてるはずなのに、料理したあとがあり
コップもお箸も二人分出ていることに
「女が居る」といきなり部屋を探し始めるジュヒョン。
勝手にクローゼットを開けようとした瞬間、カン班長がジュヒョンに
「失礼だぞ」と手をつかんで、
「もうこれで失礼します」とボムサンに言うカン班長。
ボムサンも「もう帰られるんですか?」と言いながら
ジュヒョンのバックをカン班長に渡し、
「残念だな~」と言いながらジュヒョンを外に押し出すボムサン( ´艸`)ププッ

全然残念そうじゃありませんでしたけどね

ジュヒョンを連れて出たカン班長は、またまた勘違いされちゃったよ~
「私のことはあきらめるって言ってたのにまだあきらめてなかったんですね!!」

ってどこまで続くの~いい加減気づけよ!

2人が帰った後、クローゼットからチョヒが出てきて帰ろうとするんだけど
そこに車のキーを忘れたカン班長が戻ってきちゃった。
完全に誤解されたチョヒは思わず
「班長なんです。私が好きな人は」と言っちゃった。
でもカン班長はまだ奥さんのことが忘れられないのよね~
別れたわけじゃなく死に別れだから余計よね。

ボムサンは自分のせいじゃないけど、チョヒが失恋しているのを見て
なんとかしてあげたいと思ったのね。
電話して飲みに行こうって誘ったりして。
チョヒもボムサンと話して徐々に元気になってきてたわ。

寄贈式の日。
もともとの持ち主だったイ議員がやってきたの。
もともとの持ち主って言ったって、盗賊から買ったんだけどね。
そしてイ議員が文化財を持って帰ると言いだしたの。

これって国宝なんじゃないの?
寄贈だから、誰かの持ち物ってことでそれがイ議員ってことになるの?
あ~文化財のことはわからない・・・
今回はsgくんのウスプチ、流れることは流れましたが
歌なしで流れてました(´・ω・`)
もちろん歌なしでも反応しますけどね・・・
歌も聞きたかったです(´・ω・`)





 7話 

盗品だと知らないで購入した場合、
その人の持ち物になるらしくって
イ議員は自分のものだと主張して持って帰ったわ。
チョヒは「盗品だと知ってて買ったんじゃないの?」と
議員に食い下がるけど、ダメだったわ。

父が盗んだものだったから、どうしても取り返したかったチョヒ。
ボムサンはイ議員がピエダン集を持って帰ったことを知り
チョヒが心配になりチョヒを探すの。
「何をしてでもピエダン集を取り返す」というチョヒ。
「盗んでもか!?」と聞くボムサン。
そしてボムサンは、チョヒの父がかの有名なホ・テスだと
知ってることを告白。

次の日、チョヒは休暇を取ったの。
ボムサンはチョヒが休暇を取ったのを知って自宅へ。

一方、イ議員にピエダン集を取られた取締班のメンバーは
前日に飲みすぎて仕事にならない状態。
それを横目に
「私、決めました!もらうはずだった報奨金。
取れるはずだった休暇。そしてキム先生の名誉のために
イ議員にやり返します!!」
とジュヒョン。
取締班のメンバーは、また始まったとばかりに
話題を変えようとします。
「ジュヒョンssi、そのネックレスいいですね!指輪も!」
と褒めると
「あなた方、見る目はあるようですね。これは・・・セットです!!」
と去っていきましたよ( ´艸`)ププッ
ジュヒョンが去ってから
「彼女とセットだけにはなりたくないよな~」とつぶやくメンバーたち((*≧m≦)ププッ

ボムサンはチョヒを気分転換に連れ出しました。
お寺に連れていったりしてね。
このお寺、ボムサンのご両親のお墓があるようです。
そして長い階段を登ると、仏様がいて
願い事をかなえてくれるから、登れとチョヒに言うボムサン。
「願い事なんてないんだけど」と言いながら登るチョヒ。
登りきって仏様にお願いしたのは
「父がどうか無事でありますように」

やっぱりどんな父でも生きててほしいものね。

ご飯を食べに行き、チョヒがサービスのアイスをもらいに行ってるときに
ボムサンはアナウンサーの彼女とバッタリ遭遇。
アナウンサーの彼女は、自分に会いに来たんだと勘違いしちゃった。
場所を変えて話をする彼女とボムサン。
彼女は仕事中だったので、そのあと仕事に戻ったんだけど、
「アナウンサーの彼女を待っててあげたら」というチョヒ。
でもチョヒはお金を持ってなかったから
ボムサンに貸してって頼むのにイヤだの一点張り。
そこで押し合い、どろんこ遊びの始まり。
結局近くのお店でおそろいのTシャツを買い、着替えているときに
チョヒは心配してるだろうと、弟に電話するの。

すると、取締班と警察ではボムサンとチョヒに連絡が取れないので大騒ぎ。
というのも、キムさんが喫茶店でボムサンとチョヒのことを話していたので
連絡が取れなくなって、もしや誘拐されたのでは??
ってことになってたのね。

無事だとわかったんだけど、みんながご飯を食べている時に映ったTV画面に
ボムサンとチョヒがどろんこ遊びする映像が流れて
一緒にいることがバレちゃった。

次の日、会議に出席した二人だけど、
会議室に入るや否や、みんなが冷たい視線。
そこでボムサンは「付き合ってます」って言っちゃった。
否定するより肯定するほうが、早くおさまるってことでね。

博物館にピエダン集の上巻の展示のことで行くチョヒなんだけど
そこでボムサンを発見。
しかも五星グループのチョン会長とあってるところを目撃したチョヒ。

ボムサンはチョン会長に、復元の依頼を受けてたのよね。
それもチョヒ父が盗んだものらしいの。
家で広げていると、チョヒがワインを持ってやってきた・・・




 8話 

チョヒが嫌なタイミングで来たけど、追い返すわけでもなく
一緒にワインを飲むボムサン。
「博物館でチョン会長を見かけた」とチョヒ。
ボムサンはうまくごまかすけど、チョヒは
「ボムサンのことが心配」だと告げるのね。
帰り際に巻物を見つけるけど、何かはわからなかったチョヒ。

そしてチョヒは父の友達からチョン会長が「小苑花開帖」を
手に入れたらしいとの情報を手に入れるの。
そしてチョン会長が復元師を探していることも。
そこでチョヒは再びボムサンのところへ。
ボムサンのところにあった巻物は「小苑花開帖」じゃないかと問うチョヒ。
ボムサンはあっさり認めるけど、
「あれは盗品だから通報して」のチョヒの言葉には応じないの。

そこでチョヒは会議を休み、チョン会長に直談判しに行ったわ。
一方、ボムサンは会議に出席し、家に戻ると
部屋は荒らされ「小苑花開帖」が盗まれたの。
「小苑花開帖」が盗品であるため、警察に届けられず
頭を抱えるボムサン。
そして自分が「小苑花開帖」を持っていたことを唯一知ってるチョヒが犯人だと思ったのよ。

チョヒの家に行き「会議も休んだし、お前しかいない」と
探しまわるボムサン。
「私じゃない」というチョヒに
「会議を休んでどこに行ってたか言ってみろ」とボムサン。
チョン会長に会ってたなんて言えないわよね。

翌日ボムサンはチョン会長に呼ばれ行ってみると
チョヒが来たことを知らされるの。
会議を休んでチョン会長のところにきてたことを知り、
自分の勘違いだったことに気づくボムサン。
そこに電話がなり、チョヒが怪我をして入院したという知らせが。
チョヒはノ班長をかばって怪我をして入院したのよね。

これは実際にソナssiが怪我をしたので、
入院する設定に変更になったんでしたよね~


駆けつけたボムサンだけどノ班長とチョヒがいい雰囲気だったため
中に入らないのよね。
ノ班長が帰ってから病室に入るボムサン。
「どうして弁解しなかった?」
「泥棒に間違われたことある?私はあるわ。
学校でものがなくなると私が疑われた。
疑われてる間は何をいっても信じてもらえないから。」
と説明するチョヒ。
「チョヒの父が盗んだものをそんなに必死で取り返したい理由は?」と聞かれ
「父に最後に会ったときに、盗ったものを返さないと縁を切るって言ったの。
それから会ってないわ。だから私が返せば父も救われるかと・・・」
「父さんに会いたいんだろ?」とボムサン。

そしてボムサンはチョヒに陶器のおちょこかな?を3つプレゼント。
チョヒと弟、そしてきっと帰ってくるであろう父の分にと。

いや~ボムサン、いいやつ

チョン会長に「小苑花開帖」を盗まれたことを話していないボムサン。
チョン会長に呼ばれて「あと3日あれば復元できるのか?」と
再度問われるボムサンは「はい」と答えるの。
「君はテレビを見ないようだね。今朝、テレビでは大騒ぎだよ」とチョン会長。
テレビでは「小苑花開帖」が博物館に展示されたとのニュースが・・・

盗んだ人が博物館に匿名で送ったらしい。
これってチョヒ父がしたのかな?
他には思いつかない。





 9話 

「小苑花開帖」が博物館に匿名で送られたニュースを見たボムサンは
チョン会長に「キミが寄贈するはずはないな」と
ボムサンの家から盗まれた責任を問うチョン会長。
「覚悟しておきなさい」って怖いわ~

翌日、TV番組の収録に行くと、今日から違う人が担当することになってて
ボムサンは降ろされちゃいました。
そして学校も来期から違う人に講義を頼むらしいと聞いたボムサン。
自分からすべてのものを奪うつもりなのはわかってても
どうしようもできないのよね。

骨董品屋に行ったボムサンは、
チョン会長の部下が来てチョヒのことも聞いて言ったと聞いて
まずチョヒのところに行くボムサン。

だけどチョヒは病室いないのよ。
お見舞いに来てくれたジュヒョンを送りに行ってただけなんだけど
もうチョン会長の魔の手が迫ったのかと病院中を探しまわるボムサン。
見送りから帰ってきたチョヒを見つけ病室に連れて行き
「一人でここから出るな!」とだけ言って
またどこかへ行っちゃうのよ。
チョヒにしたらわけわかんないわよね。
なんか変だな・・・くらいしか。

ボムサンはチョン会長のところに乗り込みます。
部下の人に制止されるも無理矢理チョン会長の部屋に入り
「代償は払います。でも彼女は関係ないです」
というボムサンに、
「あの娘は私に、寄贈しろと言いに来た。
あの娘が盗んだとも考えられる。私は許さない」とチョン会長。
「もし彼女に指1本触れたら許しません。
その時は、会長との約束を守れません」
と、チョン会長に刃向かうボムサン。

世間に知られてはまずいことをボムサンに知られてるし
なくすものがない人間を追い詰めても仕方がないと
今は追い詰める時期じゃないと判断したチョン会長は
ボムサンとチョヒへの手出しはやめるの。

「守るべきものができたときに」といってたから
あとで何かをするってことだろうけど・・・


そしてチョン会長はキムさんを呼び出してた・・・
この人に「ボムサンに思い知らせてやれ」って指示してたけど
はたしてこの人にそんなことができるのか・・・
だってことごとく失敗してきてるや~ん
そんな人に任せるチョン会長もどうかと思うけど。
「ここから出るな」と言われてから
何の連絡もないボムサンに電話してみると
「今から行く」っていうの。
雨が降ってるので、病院の外まで出てくるチョヒ。
そんなチョヒをボムサンは見ちゃったのよね。

それでなくても自分がチョヒのことを好きになりかけてるのに
気づき始めてるのに、こんな風に待たれちゃあね~


チョヒと電話をしながらゆっくり近づき、
後ろからギュッと抱きしめるのよ~

ここでsgくんの「ウスプチ」ですよ~

「ちょっと離してよ。今日なんかおかしいわよ?何かあったんじゃないの?」
というチョヒに
「ちょっといろいろなことがあって・・・
傘をさして待っててくれたのは感動的だったよ」とボムサン。
これをカン班長が見てたのよ~(´Д`)

今回はカン班長の試練の時ですか?( ´艸`)ププッ
チョヒに近づこうとするとボムサンが必ずいるのよね~
あの時、ふってなかったらよかったのにねぇ


翌日、チョヒは退院し出勤。
するとそんなチョヒに
「キム先生がTVの司会を辞めたのはなぜですか?」と
若い女の子たちが聞いてきて
やっぱり何かあったんだと感じたチョヒ。
ボムサンに聞くと、チョン会長の仕業だとわかったのよね。
でも諮問委員はやめろと言われてないらしくて
急にチョン会長の手が止まったことがちょっと怪しいと思う二人。

そこにカン班長がやってきたの。
カン班長は「小苑花開帖」が最近復元されたものだと聞いて
しかもそれはプロの復元師がしたとの情報を得たのよね。
ボムサンではないかと疑うカン班長は
ボムサンに話を聞きに来たの。

「何かご存知ありませんか?」と遠回しに聞くカン班長。
「見当がついてるんじゃないですか?」とボムサン。
腹の探り合いだし、お互いに核心部分を自分から言わない。
そしてとうとうカン班長が
「単刀直入に聞きます。あなたが関わっているんじゃないんですか?」と。
「正解を聞きに来たわけじゃないとさっきおっしゃったでしょう?
私は、患者が助けを求めていたら救います」
とはっきり関わってるとは言わないけど、
関わってることをにおわす表現をするボムサン。

チョヒは2人が何を話しているか気になって
部屋の前で待ってるんだけど、
カン班長が出てくる音で隠れるの。
でも結局見つかるんだけど、
チョヒとボムサンが目配せしているのをカン班長は気づいちゃうのよね。

そこに今度はまた違う盗品が宅配便で届いたの。
鑑定の結果、本物と判断。
そこでチョヒは父ではないか?と思い
父の友達にこの盗品は父が盗んだものかどうか聞くんだけど
わからないのよ~

一方ボムサンは、自分の家から盗んだヤツを捕まえたくて
警察に捜査協力すると言いに行ったら
仁川と釜山の出入国者リストを渡され、
「キムさん関連の人が出入りしてないかチェックして」
って頼まれるの。
「小苑花開帖」を送ってきた人物を探すのはそのあとなんだって
国宝を返したわけだから、いいことをしたってことになるらしくって。

チェックしているボムサンがある人物がいることに気づいたの。
パソコンを使って調べるボムサン。
その人物とは・・・チョヒ父ホ・テス。

チョヒとの待ち合わせに遅れたボムサンだけど
チョヒと会うなり
「今から言うことを黙って聞け。キミの父親は生きてる」

やっぱり盗品を返してるのはチョヒ父なんじゃない??
それ以外、考えられないもの~
というか・・・いったいいつ出てくるんですか?キム・ガプスssiは。





 10話 

ボムサンに「父は生きてる」と言われても信じられないチョヒ。
「入国リストに名前が乗ってて、前科を照らし合わせても同じだった」
と入国リストや前科と照らし合わせたものを見せるボムサン。

ギュンに「父さんが生きてるかもしれない」と
喜ぶチョヒだけど、ギュンは嬉しい半面、
「生きているならどうして僕たちを放ったらかしにしているんだ」
と放ったらかしにしているのが許せないっていうのよね。
「私はあんたより何倍も父さんが憎い。
会って今までの思いをぶつけたいの」というチョヒ。

警察はチョン会長とイ議員が何か関わっていると捜査をするけど
カン班長はボムサンを調べるの。
するとチョン会長とボムサンの関係がわかって
盗品を匿名で送ってきているのはボムサンじゃないかと疑うのよね。

一方、父が生きているとわかって父の友達から昔の仲間のリストをもらい
一人ずつあたるチョヒ。
そしてある家に行くと立木があったのよね。
刑務所で5ヶ月一緒だった人なんだけど、
チョヒ父から立木の作り方を教えてもらったそう。
「盗品を全部返して、立派な父になりたい」と言っていた話もしてくれるの。

電車に乗ろうとしていたチョヒは父に似た人を見つけるんだけど
人違いだったのね。
一人で飲んでいたチョヒはボムサンに電話して来てもらうの。
「何があったんだ?」と聞くボムサンに泣きながら
「父に似た人を見た」というチョヒ。
ボムサンに家まで送ってもらうんだけど
翌日、また盗品が匿名で送られてきたの。

それを見たチョヒは父が盗んだものじゃないかと
父の友達に電話。
すると友達は
「ここ最近届いた盗品3点はテスが盗んだものばかりだな・・・」
っていうのよ。
「おじさん!2点じゃないの?チョチュンドは違うんでしょ?」というと
「昔の仲間のリストを送ったときに手帳を見たら
あれもテスが盗んだものだったんだ」だって。
これで、チョヒは父が匿名で返しているんだと気づくのね。

一方、チョン会長宅から昨夜盗まれたものだと報告を受けた
カン班長は、ボムサンを呼び出して昨日のアリバイを聞くの。
なかなか答えないボムサンに
「昨日は12時まで私と一緒にいました」とチョヒが証言。
「犯人は彼ではありません。犯人は、ホ・テス。私の父です。」

(;゚д゚)ェ そこまでカン班長に言っちゃうの?
次回はようやくガプスssi登場かしら。
もう半分以上終わってるよ( ´艸`)ププッ




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 拍手やランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …