--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.10*Thu*

神の贈り物-14日 (11話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 神の贈り物-14日

【あらすじ】
スヒョンの家にこっそりと入ってきた犯人は
スヒョンとの小競合いのうち血を流して、
住民たちはスヒョンが犯人を殺害しようとしたとスヒョンを誤解する。
一方、警察署に連行されたスヒョンは拉致の危機に陥って、
ウジンは消えたドンチャンとスヒョンを指名手配するけれど...


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 10話      11話   8     12話 →


真っ暗な部屋に入ると、
セッビョルが刃物を突き付けられているのを見たスヒョンは
すぐに土下座して、頼み込んだわ。

実はセッビョルに刃物を突き付けていたのはミナ。
セッビョルは生きているのに、
自分のおなかの子を失ったことで
セッビョルを殺して、スヒョンに同じ思いをさせようと思ったらしい。

セッビョルを奪い返し、クローゼットに入れて
守ろうとするスヒョン。
そんなスヒョンの目の前で、
ミナは手首を切り、意識を失ったわ。

刃物だと思ってたものは、ドライバーでしたな^^
突き付けられているときには、映像をぼかしていて
あたかも刃物のように見えたのに、
乱闘しているときに映像をぼかさないってどうよ?
ぼかすなら、最後までぼかしておいてほしかった。。。


騒ぎを聞きつけてやってきた管理人と周辺住民は
ミナが血を流して倒れていてびっくり。
と、そこへ警官がやってきて、
周辺住民がスヒョンがやったと証言したため、
警官に手錠をかけられて連れて行かれたわ。

まず。
びっくりして見てないで誰か救急車呼んでよ!!
そして警官来た時に何も見てないにもかかわらず
スヒョンがやったって証言するのはどうなのか。


スヒョンが連れて行かれる寸前、
ジフンがやってきて、セッビョルを連れて病院へ。
ジフンはセッビョルを安全な場所に連れて行きたかったらしい。

一方、警官に連れて行かれたスヒョンは
「私はやってない」と説明するけど、警官は聞かず。
と、そのとき警官が首をトントンと叩いたため、
スヒョンは、手首にタトゥのある男だ!と直感。
手錠を武器に、運転する警官を後ろから襲い、手首を確認。
タトゥがあったため、スヒョンは手首にかみついた!
と、そこへ車がやってきてスヒョンの乗るパトカーに突っ込んできた!
その車はドンチャンたちの車。
ドンチャンはスヒョンの携帯から位置を確認し、
助けに来てくれたらしい。

パトカーからスヒョンを連れ出したドンチャンは
スヒョンから「警官が犯人」と聞かされ、
慌ててパトカーに戻るけど、もうそこに警官はおらず。

そのとき、他のパトカーがやってきたため、
ドンチャンたちはすぐその場所から逃げたわ。

一方、追突されたパトカーにやってきたウジンは
きれいにハンドルを拭いてた・・・

スヒョンが逃げたことがわかり、
すぐに検問開始。
ドンチャンたちは検問に捕まり、
怪しいと思った警官から
「全員降りろ」と言われちゃった。
ここでスヒョンが捕まるわけにはいかないと思う
ドンチャンやジェニーは警官に反発。

と、そのとき!
この騒動の隙に犯人の男がドンチャンの車に接近。
気がついたスヒョンはセッビョルを連れて車から脱出し
草むらに逃げた!
男も草むらに追いかけてきて、
あと少しで見つかる!というとき、
警官がやってきて、男を不審者と思ったらしく、追いかけてきたため
スヒョンたちは男に見つからずにすんだわ。

そんなあほな・・・
あんなタイミングよく、警察が来るって^^;;


翌日、スヒョンとセッビョルは
スヒョン母の家に向かってた・・・

母のところに行きたくないけれど
セッビョルを守るために実家に戻ったスヒョン。

そしてウジンに連絡を入れるため、
公衆電話から電話しているとき、
何者かに拉致された!

実は、ジフンがスヒョン母に
「スヒョンが会いにきたら連絡をくれ」と頼んでいて、
スヒョンがきたことがわかったジフンが拉致したらしい。
スヒョンは精神病院に入院させられてた。

そのスヒョンのジャンパーのポケットから
被害者の指輪を見つけたジフンは
犯人と取引をすることに。

一方、ドンチャンたちはスヒョンをかくまったとして、
留置場に入れられちゃった。
ホグクの手助けもあり、ジェニーとビョンテが脱出。
GPS機能でスヒョンの居場所を特定。
と、そのときスヒョンの居場所を教えろと男たちがやってきた!
ビョンテは言わないつもりだったけれど、
ジェニーが危なかったことから、
「わかった!言う」と言ってた・・・

その頃、スヒョンが戻らない実家では、
セッビョルとスヒョン母が話をしていたんだけど
そのとき!何者かが家にやってきたことを察知した
スヒョン母はセッビョルを連れて家を出た!

そして男たちをかわして、いったん冷蔵車に乗り込んだセッビョルとスヒョン母。
すぐに出るつもりだったのに、外からカギをかけられたため出られなくなっちゃった。

どんどん体温が低くなり、危険な状態になっているとき、
セッビョルが持っていたスヒョンの携帯にドンチャンから電話が。
ドンチャンはセッビョルの状況がわかり、
なんとかしてセッビョルを助けようと、いろいろやらせて、
セッビョルはトラックの荷台のドアを開けることに成功。
病院に連れて行かれるけど、スヒョン母はかなり危険な状態らしい。

鍵ではなくドアの持つところに
ひっかけるタイプの鍵だったわよね?
それなのにあの方法で開くとは思えんのだけど^^;;


一方、セッビョルが連れて行かれた病院から
ジフンに連絡がいき、
着替えを持ってきてあげてほしいと言われたジフンは
スヒョンが捨てたセッビョルの服を持って行き、着せたわ。

そしてセッビョルをスヒョンのところに連れて行くのね。
だけどスヒョンはセッビョルの服を見て、
捨てたはずの拉致されたときの服だとわかりびっくり。
すぐに脱がせようとするけど、みんなに阻止され
病室に連れ戻されちゃった。

どれくらい眠ったのか・・・
目が覚めたスヒョンは、
時計を見て、慌ててテレビのあるところへ。
そのテレビでは犯人からの電話を生放送。
そして「ママ・・・」というセッビョルの声がして
スヒョンは取り乱し・・・



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。