--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.04.23*Wed*

神の贈り物-14日 (15話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 神の贈り物-14日

【あらすじ】
スヒョンは証拠の指輪でギョンスと取り引きをして、
ジフンはセッピョルを見つけるけど、偽物だとバレてジフンは再びセッピョルを奪われる。
一方、ドンチャンはスヒョンの代わりに
本当の証拠の指輪を持ってギョンスと取り引きをするけれど..


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 14話      15話   9     16話 →


スヒョンはジフンを呼び出し、大統領秘書ミョンハンに
証拠の指輪を渡すからセッビョルを返せと連絡しろと指示。

スヒョンは証拠の指輪を持ち、ミョンハンの部下に会いに行く。
そしてジフンはセッビョルを返してもらうために、
セッビョルを連れているギョンスに会いに行くことに。

スヒョンはセッビョルがジフンのところに戻ったことを確認して、
指輪を渡すけれど、すぐにセッビョルをギョンスが奪った!

実はスヒョンはドンチャンから指輪を返してもらえず、
偽物を準備していて、ミョンハンは見破ったらしい。

一方、ドンチャンはドンホに面会に行き、
「怒らないから事件のことを話してほしい」というの。
そこでドンホはあの時のことを話したわ・・・

あのとき、スジョンと喧嘩したドンチャンが出かけたため、
ドンチャンの代わりにスジョンを守ろうと外で見守っていたドンホ。
でも寝てしまい、目が覚めた時に、教会の中に入ると、
スジョンが首を絞められているのを目撃。

スジョンが誰に首を絞められたかは見ていないけど、
怪しいおじさんから「その男はドンチャンだ」と言われたらしく、
ドンホはドンチャンをかばうために、自分がスジョンを殺したと証言したらしい。

いやいや・・・
なぜに今?(笑)
もっと早く証言してくださいよ。
そうすればセッビョルも怖い目に遭わなくてすんだのに。


ドンホからこの話を聞いたドンチャンは
ドンホを救うため証拠の指輪を警察に持って行こうと思ったけど、
セッビョルのことも気になるのね。
と、そのときジフンから
「セッビョルを助けてほしい。スヒョンも大けがをしたんだ」
と連絡があるの。

病院に行ったドンチャンはジフンを屋上に呼び、
ジフンを殴ったわ。
だけどジフンはドンチャンにしがみつき、
「助けてほしい」とお願いを。
そこでドンチャンはギョンスの連絡先を聞き、
ギョンスを呼び出した!

指輪を渡すふりをして、ギョンスを車から離れさせ、
ビョンテにセッビョルを連れて逃げさせる作戦を立てていたドンチャン。

が!ビョンテがセッビョルを連れていこうとしたとき、
ギョンスの手下がやってきたので、隠れるしか方法がなくなっちゃった。

結局、ドンチャンもギョンスとギョンス手下によって捕まってしまい、
隠れているセッビョルに
「お前が出てこなければ、このおじさんが埋められるぞ」とギョンスは脅すの。

ドンチャンはセッビョルに
「これはゲームだ。セッビョルが隠れ続ければ俺たちが勝てるんだ」
と必死にいうけど、ドンチャンが埋められそうになっているのを見たセッビョルは
ギョンスの前に出てきてしまい
「私がついていけばおじさんを助けてくれるのよね」とついて行っちゃった・・・

その後、やってきたビョンテとホグクに助けられたドンチャンは
スヒョンに会いに行き、まだ目が覚めないスヒョンの手に
証拠の指輪を持たせてた。

そしてギョンスに
「指輪はスヒョンさんに渡した。
セッビョルとスヒョンさんを絶対にけがさせるな」と連絡を入れるドンチャン。

一方、スヒョンはドンチャンが指輪を返してくれたので、
すぐにギョンスに連絡を取り、取引開始。
が!ギョンスを信用できないスヒョンはセッビョルに会えるまで
ギョンスの手と自分の手に手錠をかけ、セッビョルのところに連れて行くように指示。
その道中で、ギョンスの事情がわかったわ。

ギョンスの息子が亡くなった事件を担当していたジフン。
その逆恨みか?とスヒョンは思っていたんだけど、
そうじゃなかったの。
犯人に面会に行ったギョンスは、
反省もなく、息子の死さえも面白そうに話す犯人を
絶対に殺そうと考え、ミョンハンと
「犯人を死に追いやってくれるなら何でもする」と取引していたらしい。

そしてセッビョルがいるはずの場所に到着。
でもそこにセッビョルはいなかった・・・

実はセッビョルは偶然見たテレビ番組に
ヨンギュのカメラで撮られた写真に写っている人に気づいてしまったらしい。

このことを知ったミョンハンは手下に
「処理しろ」と指示。

一方、スヒョンはセッビョルが残した絵から
セッビョルの部屋に取り付けていた監視カメラの映像に何かあることに気づくの。

それを見てみると、
セッビョルはドンチャンに向けてメッセージを残していたのね。
その内容はヨンギュのカメラから出てきた写真で、
3枚とも監視カメラに映していたの。

その中の1枚はスジョンやジヌを撮る人物がはっきり写っていたわ。
その人物とは大統領の息子!

スヒョンとドンチャンは、その写真を入院している大統領の息子に持って行くの。
驚いた息子は、妻や子供たちを家に帰らせ、
ドンチャンとスヒョンと会うことに。
そして息子は事件の真相を語り始めた・・・

スジョンはジヌと知り合いで、
偶然会ったので写真を撮ることに。
この様子をスジョンをそばで守っていたドンホが
ドンチャンに見せるために写真を撮っていたのね。

するとジヌの友達たちがドンホのことを
「障害者」と言ったため、
足に障害を持つ大統領の息子はとたんに機嫌が悪くなったわ。

夜になり、教会の中で薬をしていたらしく、みんな寝てしまうのね。
寒さで目が覚めた大統領の息子が外に出ようとしたとき、
スジョンがやって来たらしい。

驚き怖くなったスジョンを黙らせようとした大統領息子は
スジョンからコンプレックスの足のことを言われ、
カッとなり、スジョンを絞め殺したらしい。

怖くなった息子はすぐにミョンハンに連絡を。
やってきたミョンハンは
「あとはおじさんがするから、車に乗っていろ!」と指示したらしい。

この息子の話に激怒したドンチャンは
息子の首を絞め・・・



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。