--.--.--*--*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.07.30*Wed*

花じいさん捜査隊 (12話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 花じいさん捜査隊

【あらすじ】
ジョンウはゴールドフィッシュを逮捕するために自ら死を選択するが、
テミンはジュニョクにすべての殺人罪の汚名をかぶせて消える。
警察に追われることになったジュニョクは
アメリカに送還されるテミンを捉えて寃罪を晴らして解毒剤を得ようとする。
しかし全てのものが徹底的にテミンの計画通りに動くと
ジュニョクは最後の決心をすることになるけれど。


このドラマは字幕なし視聴です。
ハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますがご理解ください。


← 11話      12話   5     評価


テミンを捕まえるために自ら死を選んだジョンウ。
そんなジョンウのそばに駆けつけるジュニョクに
「署長のところに報告に行かないといけませんよ」
と言うテミン。

そしてジュニョクは署長の居場所を突き止め、
その場所に行ってみると、署長は殺されていた・・・
と、そこへタイミングよく警察がやってきて
ジュニョクは署長を殺した容疑で逮捕されちゃった。

テミンにはめられたと思うジュニョクは、
必死で説明するけど、聞いてもらえず。

その頃、ジュニョクが捕まったと連絡を受けた
ウォンビンとガンソクが取調室にやってきたわ。
ジュニョクからテミンにはめられたと聞かされたウォンビンは
「ここから出て、テミンを捕まえろ。
お前の無罪は俺たちが証明してやる」と言うの。

そしてジュニョクがガンソクとウォンビンに銃を向け、
二人を拘束して取調室から出た、という設定にし、
監視カメラでそんな風に見えるように演技をしながら
作戦を話し合う3人。
その後、取調室から脱出するジュニョク。

一方、テミンはジュニョクが
必ず現れると思っているらしく、
側近の精神科医に話してた。
そして医師にワインをすすめるテミン。

んん?
この家、使いまわしですよね(¬¬)
前半の回で出てきた女優の家の中と
まったく同じじゃないの??
気づかないと思って使いまわしかいな(`-ω-´)
それか韓国にいる間は
この女優の家を借りてるのか?
そんなややこしい設定、するわけないよな^^;;
いや、どこかでそんな説明あったのに
私が気づいていないのか?
まぁどっちでもいいか(笑)


その頃、ウォンビンとガンソクは
ジュニョクの無実を証明するために
署長が殺されていた現場を訪れるの。
そしてその場所で署長のダイニングメッセージを見つけたわ。

一方、ジュニョクは
テミンの居場所を知るために、
精神科医を訪ねていたの。
ジュニョクがテミンの居場所のヒントを得た時、
精神科医は突然泡を吹きだして死んだ!

またまたジュニョクが怪しまれることになり、
ジュニョクはその場から逃げたわ。

テミンに飲まされたワインが原因よね、きっと。
必要ないと思ったら、簡単に殺されちゃうわけね。


その頃、ウォンビンとガンソクは
精神科医の死因を担当刑事から聞き出してた。
ジュニョクが捕まれば、一生、刑務所から出られないと言われる二人。

なんとかしてテミンがアメリカに帰るまでに、
捕まえなければと思うジュニョクは、
自らの体に爆弾をつけて、テミンの家に乗り込んだ!

そこへウォンビンとガンソクもやってきて、
解毒剤を得ようとするのね。
仕方なくジュニョクの取引に応じる素振りを見せるテミン。
が!解毒剤3本のうち2本をその場で割り、
「1本しか残っていない。
元に戻れるのは一人だけだ。誰が手に入れる?」
と3人が争うように仕向けるの。

ウォンビンがテミンから薬を奪い、
「俺がもらった・・・というとでも思ったか」
とテミンに言い、
「ジョンウに飲ませよう」とウォンビン。
他の二人も同じ考えなのね。

と、そこへ警察がやってきたわ。
ジュニョクはテミンに銃を突きつけたまま警察の前に出て行き、
テミンに車を運転するように指示。
警察もその車を追うけど、
ウォンビンとガンソクが邪魔をし、
テミンの車を見失うのね。

その後、車から降りたテミンとジュニョク。
テミンはジュニョクに取引を持ち掛けるけど、
ジュニョクは「信じられると思うのか」と聞き、
薬のある場所を言い当てたわ。
その推理力にテミンが拍手をしたとき、
警察がやってきた!
ジュニョクはテミンを撃ち、
これを見た刑事の一人がジュニョクの肩を撃ったわ。
と、そのとき、ジュニョクはバランスを崩し川へ転落。

1年後。
ガンソク、ウォンビンは20代の姿に戻り、
今まで通りの生活を。
そんな二人の前にジョンウが現れたわ。
ジョンウはガンソク、ウォンビン、そしてウンジとともに
また4人でチームを組むことになったと告げ、
4人でジュニョクのお墓へ。

その後、4人はジュニョクの実家を訪ねるの。
そこには中学生のジュニョクが!

1年前、川に落ちたジュニョクは
ウォンビンとガンソクに助けられたの。
そしてウォンビンとガンソクが解毒剤を見つけ、
二人は元の姿に戻ったのね。
この薬をジョンウにも飲ませ、
ジョンウの病気も治ったらしい。

その後、目が覚めたジュニョクに
このままだとジュニョクが逮捕されていまうと思い、
「これを飲め」と3本差し出すウォンビン。
ということで、ジュニョクは中学生の体になってしまったらしい^^;;

中学生のジュニョクを囲んだジョンウたちは、
ジュニョクに学校が終わった後に、チームに合流しろと言うけど
「これでなかなか忙しいんだぞ」とジュニョクは拒否。

そんなジュニョクと戯れるウォンビンとガンソクを見ながら
ウンジとジョンウは手をつないでた。
これを見つけたジュニョクは嫉妬をし、
最後はみんなでじゃれあい・・・The END

結局、ウンジとジョンウをくっつけたのか^^;;
そしてジュニョクが中学生になってたとは( ´艸`)ププッ
最後の最後にはチェ・ジニョクさんが出てくるのでは?
と楽しみにしてたのに、青年通り越して学生になってるし^^

それにしてもテミンの死があっけなかったな~(´・ω・`)





 評価 

 オススメ度と感想 
※総合オススメ度以外の評価の数字は、
見終わった時の管理人の感想を数字にしたものなので、メモ程度にお考えください。


ストーリー展開度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
キャストマッチ度★★★★★★★☆☆☆ 7
最終話納得度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
胸キュン度★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2
笑える度★★★★★☆☆☆☆☆ 5
泣ける度★☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 1
せつなさ度★★☆☆☆☆☆☆☆☆ 2
意外性度★★★★☆☆☆☆☆☆ 4


総合オススメ度 ★★★★☆☆☆☆☆☆ 4




【ストーリー感想】
企画意図はすごく興味を惹かれる内容だと思ったのに、
ふたを開けてみれば、なんとも残念な結果に(´・ω・`)

私の視聴目的はヒチョルだったけど、
これもまたイ・スンジェさん、ピョン・ヒボンさん、
チャン・グァンさんというベテラン個性派俳優さんに囲まれ、
ヒチョルが目立たな~い!!!

前半なんてゴールドフィッシュの存在こそ明らかになるのは早かったけど、
そこから1話に少しずつしか明らかにならず、
見てる方は正直、他の事件なんてどうでもよかった^^;;

テミンの最後もあっけなかったし、
最初のころの他の事件を省いて、
テミン対H4をもっと見せてくれればよかったのになぁ。


【キャスト感想】
ジュニョク役・・・イ・スンジェ
中身が20代の役で、事件を解決するのに出番も多く、
いつもどっしりな役が多いスンジェさんには
ちょっと大変だったんじゃないかな~なんて思ってました。
そして相変わらず聞き取りずらい・・・(´・ω・`)

ガンソク役・・・チャン・グァン
温水さんに似すぎ( ´艸`)ププッ
このピンクのガンソク役がハマりすぎていて
「運命のように君を愛す」に出てきたチャン・グァンさんに
物足りなさを感じた私^^;;



にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ      
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 ランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。