2011.03.31*Thu*

宝石ビビンバ (11話~20話)


ドラマ情報&他の話数のレビューはコチラ → 宝石ビビンバ 


← 1~10話    11  12  13  14  15  16  17  18  19  20    21~30話 →

 11話   8

ルビはビチュイに「病院をやめる」と話すの。
病院より儲かると言うルビにビチュイは
「よく考えて」と何度も言ってたけど・・・
そしてドアの犯人がカイルではなくヨングクだったことを話すビチュイ。
カイルだと思っていたルビはカイルに謝ろうと
店が終わったカイルを待ち伏せて「飲みに行こう」と誘ったわ。
酔いがまわるまでなかなか謝れないルビ。
何の話か気になるカイルにようやくルビは
「謝りたかったの。犯人はあなたじゃなくソさん(ヨングク)だったんだって」
と言うけど、カイルは
「そんな人じゃないはず」と言ってたわ。
そしてルビの謝り方を指摘し
「これからは俺のことをオッパと呼べ」とカイル。

気に入らないと散々言ってるけど、
この二人、楽しそうですけど( ´艸`)ププッ


翌日、ビチュイとともに店の準備をするヨングクは面白い話をしてみるけど、
ビチュイはヨングクがドアを壊したと思っているので、笑いもしないのね。

一方、ガンジがテジャの面倒を見ていると
サンシクがやってくるの。
ドアのガラス修理にやってきた業者を見て
「この間の夜は驚いただろう?
お腹がすいて寝つけなかったんだ」とサノに話すサンシク。

やっぱり・・・そうじゃないかと思ってたのよ!
追い出されたのに困った人だ^^;;


「犯人は父さんだったの?下宿の人かと思ったのに。
姉さんにちゃんと説明してきて」とサノに言われたサンシクは
ビチュイの店に向かったわ。
ビチュイにご飯を食べさせてもらって、
ドアのことを話すサンシク。
「父さんだったの?」と驚くビチュイは
車で昼寝していたヨングクに謝りに行こうとするけど
その時、犬猿の仲のPDが近くに居ることを知り、慌てて店に戻ったわ。
運悪く、PDたちはお腹が空いたらしく、店に入ってきて
ビチュイだとわかったPDは、暴言を吐くのね。
ビチュイは水やら食材を投げて対抗。
一緒に居たスタッフに連れられて、ようやくPDは店から出て行くの。
昼寝を終え、店に戻ろうとしたヨングクは
店から出てきたPDが、以前ビチュイが水をかけた人だと気づくのね。
そして店に入って散らかっているのを見たヨングクは
「掃除しないと」と言うけど
「買い出ししてきて。私が掃除するわ」とビチュイ。
ヨングクは店を出る時に「カギを締めてて」と言って出かけたわ。

一方、ホバクは友達からクッスンがお金持ちのお嬢さまだと聞かされるの。
そこで学校の帰りにクッスンを尾行したホバクは
クッスンの家が豪邸だと知り、クッスンを落とそうと考えたか?

Σ(゚Д゚;)オモオモッ!
またこの家か!
シークレットガーデンのジュウォン母の家でした~


その頃、ヨングクの店にヨングクのことが好きなゲイのお客さんがやってくるの。
でも食材がなくなり、閉店するところだったのよね。
そこでヨングクはこの客にハッキリと「自分はゲイではない」と断ってたわ。

そして店を閉めたヨングク。
そこへビチュイがやってくるの。
「帰りながら話をしよう」と言い
「どうして自分がやったと嘘をついたの?
犯人は父だったの」とビチュイ。
ヨングクはてっきりカイルが犯人かと思ってたんだって。
「あの日、店が忙しくて何も食べさせなかったから。
俺もあの日、お腹がすいてたし」と言うヨングク。
「今もお腹がすいてるんじゃないの?」とビチュイは言い、
車を家に置いて、二人は食べに行くのね。

ビチュイは「これからは善意の嘘もつかないで」と言い
本音で話をしようと
「私にムカついたことはない?」と聞くの。
今までイヤな態度を取ってきたからと話すビチュイに
「理解できる」とヨングク。
いい気分ではなかったけど、とも言ってたけどね。
そしてビチュイは自分のことを話していたけど
ヨングクはあまり語らないのね。
「大げさにいえば、家から追い出された」と言ってたけど
ビチュイもそれ以上は聞かなかったわ。

お酒も飲んでいい気分のビチュイは帰りに
「車のキーを貸して」とヨングクに言い・・・

家に車を置いてきたんじゃなかったっけ?
家に帰ってまたどこかに出かけようってことか?
酔ってるのに?
ヨングクが犯人じゃなかったから、
また心を許しはじめたのね♪

そしてサンシクとヘジャですが、
実の親からも厄介者と言われてたよ( ´艸`)ププッ





 12話   8

ビチュイはお酒の臭いを消してから家に帰りたかったらしい。
それを知ったヨングクは「少し風にあたっていこう」と公園へ。

いろいろ話をするビチュイは
「頭のいい男性は女性のどんなところ好むのか」と聞くの。
ヨングクは「いい気分にさせてくれる女性」と心の中では言うけど
実際には「縁のある人」と言うのね。
そして帰りにビチュイは
「楽しいお酒だった」と嬉しそう。

翌日、子供たちに見つからないようにやってきたヘジャ。
ちょうどカイルがいて、家の様子を聞いて立ち去るのね。
カイルは遅番で家に居たルビに
「両親を呼び戻したら」と説得するけど、
これを聞いたルビは怒っちゃったわ。

一方、サンシク母はサンシクにテレビを奪われるので、
いない間に移動させようとするの。
が!重いテレビを動かしている時、腰を痛めてしまって
身動きできない状態になっちゃった^^;;

その頃、店で準備をしていたビチュイとヨングク。
そこへ花の配達があるの。
ビチュイ宛ての花なんだけど、ビチュイの知らない人なのね。
心当たりもないというビチュイにヨングクは気になっている様子。

と、その時、サンシク母が腰を痛めて動けなくなったと連絡を受けたビチュイは
店をヨングクに任せてサンシク母の家へ。
そこにはヘジャやヘジャ母も来ていて
ビチュイは居づらそう。

一方、ホバクはクッスンの後をつけていて
一人になった時、クッスンに声をかけるの。
「話があるんだ」と言うホバクに
「なに?ここで話して」とクッスン。
するとホバクは
「お前を好きになりそうだ」と言い、立ち去るの。
そのあと「主よ、カマをかけてすみません」とひとりごとを言ってた( ´艸`)ププッ

翌日、客から誘われるビチュイを見たヨングクは
とっさに夫婦のふりをするのね。
これにビチュイは驚くけど、ちょっと嬉しそう。
客も「結婚されてたのならすみません」と謝ってたし(笑)

その日の夜、ビチュイがお風呂に入ってると、電球が切れちゃったの。
家にはサノもホバクもおらず、ちょうどヨングクが帰ってきたところだったのね。
事情が分かったヨングクは、電球を替えてあげるんだけど
お風呂のドアをあけていると風が入ってくるので締めるヨングク。
するとビチュイは「どうして戸を閉めるの?寒くないから開けてて」と。
ヨングクはビチュイに言われた通りにドアを開けて、電球を変えるけど
ビチュイはこのことで風邪を引いちゃったらしい^^;;

翌日、風邪をひいているビチュイに
「一人で店をするから、休んでいて」と言うヨングク。
なかなか言うことを聞いてくれないけど、
ヨングクがあまりに説得するので、ビチュイも観念して家へ帰ることにしたのね。
でも雨が降ってて、ヨングクは車でビチュイを送ってくれたわ。
その車中、さっきヨングクの携帯に母から電話があったのを知っていたビチュイは
「突然いなくなったりしないわよね。少し長くいてほしい」とお願いを。

翌早朝、ヨングクが店に行こうとするとビチュイも行こうとするのね。
「今日も一人で出来るから」と言い、ビチュイを休ませるヨングク。
そんなヨングクにビチュイは惹かれているようで・・・

一方、カイルと仲良くなってきたルビは
仕事から帰って来た時にカイルがうどんを作っていて
それを食べさせてもらうの。
1杯しかないうどんを「全部食べてもいい」と言ってくれるカイルに
ルビは嬉しそう。
そこでカイルは「僕が作るチヂミも美味しいんだ」と言うの。
これを聞いたルビは「食べたい」と言い、
「明日作ってあげるよ」と約束をするカイル。

が!カイルは翌日、作ってなかったのね。
お腹をすかせて帰ってきたルビは怒ってたわ~

翌朝、カイルはルビに
「チヂミを作るのを忘れてた。どう考えてもわからないことがあって」
と言い・・・

何がわからないんだ??
確かにルビが帰って来た時、瞑想してたけど。

カイルとルビが仲良くなったのもいいけど、
ヨングクとビチュイの距離感がなんとも言えず好きです♪





 13話   7

カイルが考えてもわからないこととは
寺で尊師から出された問題だったのね。
この問題の答えが出るまで寺にいけないらしい^^;;

一方、ヨングクは車で店に行こうとするけど
ちょうどドラマの撮影をしていて、止められるの。
と、そのドラマの撮影を見ているビチュイを発見。

店に来たビチュイは沈んだ顔をしていて
そんなビチュイに
「店は僕とお母さんに任せて、脚本の勉強をしてください」
とヨングクは言うの。
でもビチュイはヨングクに任せるのは良いけど
母に任せたくなかったのね。
そこで前に母が店をしていた時に手伝ってくれた人になら
任せてもいいということになったの。

兄弟たちに店をヨングクに任せるということを報告するビチュイ。
兄弟たちもこれに賛成してくれるけど
サノは「ジェドクさん(ヨングク)は姉さんに気があるんじゃないの?」
と心配そう。
ビチュイは否定してたけどね。

そして翌朝、店を任せることもあって
朝食の時、ヨングクを招待するビチュイ。
が!これを見たカイルが疎外感から拗ねちゃった!!

これに気づいたルビがカイルに
「アメリカ人だから大勢と食べるのがイヤかと思って誘わなかった」と説明。
大学の時に家を出てから家族団欒がなかったカイルはルビに寂しさを訴えてたわ。

そのルビは退院したジャンさんの家へ。
ルビのことを気に入ったジャンさんは
自分の車を買うついでにルビの車を買ってくれたわ。

一方、買い物に行こうとするビチュイに
「一緒に行く」とヨングク。
お天気が良くて「こんな日はピクニック日和ね」とビチュイ。
「公園に行こうか?」とヨングクは聞いてみるけど
街を歩くだけでいいとビチュイは言い、二人は散歩するのね。
脚本を書く時に助かるからと、目の前を手をつないで歩くカップルを見て
「手をつなぐと汗をかきません?」と聞くビチュイ。
するとヨングクは
「女性と付き合ったことがあるけど、手をつないだ記憶がない」と話すのね。
ビチュイは「本当のことを言っていいのに」と言ってたけど、
本当に手をつないだことがないらしい。
そこでヨングクはビチュイとつないでみたいと思うんだけど
言えないんだな~( ´艸`)ププッ
そして何度もビチュイの手をつかもうとするけど、やっぱりできず(笑)
と、その時、ビチュイは立ち止まるの。
目の前には鳩が・・・
「今度は飛ばさないでね」と言うビチュイだけど
周りの人がハトを飛ばしてしまい
怖がるビチュイはヨングクに抱きついちゃった!

そして買い物をすませて帰宅。
と、その時、ルビから電話があり
「夕飯はカイルも誘ってあげて」とルビ。
今朝、拗ねていたいたことも話し
ビチュイは「わかったわ」と言ってたわ。

その頃、サンシクとヘジャは
「家でご飯が食べたい」と相談を。
押しかけたら追い返さないだろうと
二人で家に押し掛けることにしたのね。

台所でご飯を作っているビチュイに
「店をソさん(ヨングク)に任せるんだって?
私をさしおいて、一緒にお店をしてた人も手伝わせるってどういうこと?」
と責めるヘジャ。
ここでまたビチュイとヘジャは言い合いを。

ヘジャがもっとしっかりしてたら
ビチュイだって人に任せたりしないわよ!
店をしても最初だけで、続かないから任せられないんじゃないのさ!!
人に任せてお金をくすねたらって心配してたけど
ヘジャがお店のお金を持ち逃げしないかのほうが心配だっつうの!

そして今回ヨングク母がおかしかったね・・・
明け方、リビングで座り込んでいたらしいけど
本人は記憶がないらしい。何かの病気かしら。





 14話   7

友達の誕生日パーティに行ったホバクは
クッスンと二人になる機会があり、
「明日から俺と付き合え」と言い、
キスをしようとするけど、股間を蹴られてた^^;;

その後、酔っぱらって家に帰ったクッスン。
父は、酔っぱらっているクッスンに
「タバコも吸っているだろう?」と聞き、激怒!
とうとう学校をやめるようにと言うのね。

困ったクッスンは、翌朝、韓服に着替えて庭に座り込み。
でも父はそう簡単に許してくれないわ。

一方、みんなでカニ鍋を食べるビチュイたち。
と、その時、サノの携帯にガンジから電話があるの。
呼び出されたサノはガンジから
「両親が会いたいと言ってるの。
親が高齢だから、早く結婚しろというのよ」と言われるけど
「勉強中だし、姉さんたちからお小遣いをもらってる身だから
今は無理だ」とサノ。

会うだけならまだしも、結婚を年内にとか言われたら、
そりゃ無理ってなるよねぇ・・・


夜、ルビが帰宅。
ジャンさんから車を買ってもらったルビは
姉弟にそのことを話すけど、サノやビチュイは
「何か要求されなかった?」と心配そう。
「ただ話し相手になるだけだから」と言うルビは
ペーパードライバーだからカイルに車の講習をしてもらおうと考えるの。
そしてカイルを飲みにつれていき、講習してほしいことと、
ジャンさんの運転手をしてほしいということをお願い。
カイルは運転をするのはイヤだと言ってたけど、
「ジャンさんのような人の相談相手になるのも、いいことだ」
と説得して、カイルは「考える」と言ってたわ。

一方、テジャを実家に連れてきたサンシク。
でも寝床が変わったテジャは寝ないのね。
そこでサンシクは夜中、家にテジャを連れていくんだけど
鍵がかかっていてはいれない^^;;
どうしようか・・・と考えるサンシクは
夕方来た時、ビチュイが鍋を作っていたのを思い出し、台所へ。
鍋を食べている時、物音がして行ってみると
カイルがトイレに行ったんだとわかるのね。
そこでサンシクはカイルの部屋にテジャを置き、
真っ暗なトイレで用を足しているカイルに声をかけようとするの。
驚いたカイルは気絶してしまい、サンシクは困って
そのまま庭にカイルを引きずり、つれていくんだけど
気がついたカイルが泥棒と間違えて叫んだ!!
この声で、みんなが起きてくるし、
サンシクは驚いて逃げるし・・・

ヨングクは逃げる泥棒を追いかけたけどすぐに戻ってきたわ。
「泥棒かな」とみんなが話していると
「いや、お父さんだ」とヨングク。
サンシクから聞いたことをヨングクがみんなに伝えていた時、
カイルの部屋からテジャの泣き声が。。。
テジャを置いて行ったとわかり、みんな呆れてた^^;;

翌日、ガンジから電話があったサノ。
ガンジ母から「勉強中だけど少し時間をあけてくれない?」
と言われ、断れないのね。
会う約束をしていたわ。

ガンジの家、餅屋じゃなくて、大きなお家だったじゃない!
もしかしてサノが遠慮しちゃうと思って、お金持ちだということを隠してたか??


一方、店で夕方の仕込みをしていたビチュイとヨングク。
営業時間より少し早く来た客を対応していると
その客たちがビチュイを見て
「男を誘惑して」と言いだすのね。
ビチュイにわざと聞こえるように言う客に
ヨングクは席に座り、客と話を。
聞いてみると、客の旦那さんがビチュイが気に入って
携帯のカメラでビチュイの写真を撮っていたらしい。
ヨングクはその写真を見て「隠し撮りだ」と説明。
そして客から
「夫婦に見えないけど、本当はどんな関係なの?」
とヨングクとビチュイの関係を聞かれたヨングクは
「見ての通り恋人ですけど」と言い・・・

旦那がビチュイを気に入って勝手に写真を撮ったのに、
ビチュイに文句を言いに来るなんて、バカね~
しかも隠し撮りの写真見て、怒ってるなんて。
ビチュイは何も悪くないじゃないのさヽ(`Д´)ノ
旦那を誘惑して迷惑と思ってるんだろうけど
ビチュイにしたら、あんたのほうこそ迷惑だ!!ヽ(`Д´)ノ





 15話   7

「ビチュイとは恋人で一緒に住んでいる」と説明するヨングク。
そして「子供さんは息子さんなんじゃないですか?
ビチュイが気さくだから娘のように思っているのでは?
ただ安いから食べに来ているだけですよ」
と話すヨングクに客は納得したようで
ビチュイに謝って帰って行ったわ。

一方、サノはガンジの家に行き、大きな家でビックリ!
結婚を急いでいる理由がガンジ父がガンで、余命が長くないからと知ったサノ。
でもガンジはこのことを知らないらしい。
母親から「子供に援助するつもりはないから、期待しないでほしい」
と言われたサノは
ビチュイにこのことを報告。
「サノはどうしたいの?」と聞かれ、
「ガンジのお父さんが亡くなる時に、家族としてガンジを支えたい」
と結婚を希望。
ただ、ヘジャのことが気になるのよね。
「母さんのことが気になるくらい、弱気ならやめなさい」と言うビチュイに
「姉さんたちに迷惑をかけるかもしれないけど」
とサノは結婚を決意。

そうなのよね・・・問題はヘジャなのよ。
ガンジのことを散々悪く言ってたけど、
お金持ちだとわかって態度が変わっちゃうか?
どっちにしても子供の邪魔をする親には変わりないわ(`-ω-´)


一方、座り込みをしていたクッスンは
なんとか父に許してもらうけど、倒れちゃった。
入院し、退院したクッスンに
父は酔っぱらって帰宅。
そこで名前の由来を話すの。
実は、このクッスンと言う名前、祖母の名前なのね。
母を幼くして亡くした父は祖母に育てられたらしい。
裕福でなかったため、父が大学に行くことだけが
唯一の希望で祖母は一生懸命働いていたんだそう。
でも、父の大学入試前に仕事をして帰る途中に
凍った道で足を滑らせて、亡くなったらしい。
「俺のせいで・・・」と話しながら泣く父は
「大学に入る前に名前を変えてもいい」と言うの。
クッスンは話を聞いて「名前を変えないわ」と言い、
部屋にあったタバコをゴミ箱に捨てたわ。

名前の由来を聞いて、更生してくれるかな♪

一方、ルビは車が来る日、カイルとともに
テジャを預けにヘジャ母のところへ。
カイルが「ルビの車を取りに行く」と言ってしまい
ルビは慌ててカイルを連れて家を出たわ。
「兄弟には優しいのに、どうして親たちには冷たいんだ」
と聞くカイルに
「両親同様、お祖母ちゃんたちも問題があるのよ!!」とルビ。

そして車を取りに行ったルビはジャンさんに車を見せに行くの。
ジャンさんの車は来週の火曜日にくるらしく
「車が来ても運転する人がいない」とジャンさん。
カイルはすかさず「僕がいますよ」と言うけど
「一つ気になることがあるんです」と服装のことを気にするの。
でもジャンさんは服装のことは気にしないと言ってくれたわ。

カイルはお祖母ちゃんの家の前に車を止め、
ビチュイの店に顔を出すの。
店が終わったカイルが車を取りに行くとサンシクとバッタリ会うのね。
そこで「ルビの車」と説明するカイルに
「俺が運転する」と言うサンシクだけど
「飲酒運転になる」とカイルに言われ、ようやく諦めてくれたわ。

そしてビチュイたちとともに車のお清めをすることになったルビ。
そのお清めにヨングクも一緒に行ってくれるのね。
周りの人が見る中、準備をするルビたち。。。

ビチュイとヨングクは2度目だし、
この前みたいに恥ずかしそうじゃないわね( ´艸`)ププッ
ヘジャ母やサンシクがルビの車を知っちゃったのが
なんかイヤな予感するわ。。。
何もなければいいけど。





 16話   7

車のお清めをするビチュイたち兄弟とカイル、ヨングク。
ルビの車のことを知ったヘジャ母は
寝ている時、ふと思い出し
「車のお清めをしないと!!」と言いだすのね。
サンシク母とともに、家に行ってみるんだけど誰もおらず。
ちょうど帰ってきたヨングクに聞いてみると
「お清めは終わった」と言われて、怒ってたわ~

翌日、サノはガンジに会い
「今、結婚すると言ったら母さんは大反対すると思うけど
耐えられるか?」と聞くのね。
ガンジはサノが結婚しようと思ってることに気づいて
「大丈夫」と喜んでた。

一方、サンシクは実家の近くでカイル母とバッタリ会うの。
話をしていて、探している息子がカイルだと気づいたサンシクは
家に連れて行ってカイルと会わせようと考えるのね。
が!サンシクが女性と歩いているのを見たヘジャは
「テジャの母親なんじゃないの??」と思い、
いきなり掴みかかったわ^^;;
「この方はカイルのお母さまだ!!」
と怒るサンシクに、ヘジャは小さくなってた^^;;

ほんと迷惑な人ですな・・・(´Д`)

その頃、カイルはルビとともにジャンさんの家へ。
ルビに運転させるカイルは、運転が下手すぎるルビにいろいろ注意するけど
曲がることすらできないルビ^^;;
ジャンさんの家で話をしてから、ルビは病院まで頑張って運転するのね。
帰りにまたカイルが迎えに来るということで、ルビは仕事に行ったわ。

一方、家ではサンシクとヘジャからカイルの母が来たと報告を受けたビチュイ。
しかもカイルはアメリカのクリスタルホテルの御曹司らしく、
ヘジャはルビとくっつけようと考えているらしい・・・

ビチュイは店に行き、カイル母が来ていることをヨングクに話していたのね。
カイルは何も知らずに店にやってきたので
「ビチュイさんが呼んでいた」とヨングク。
これを聞いたカイルは家に帰ったわ。
と、そこで母と久々の再会。
母は「一緒にアメリカに帰ろう」と言うけど、
カイルは拒否。

そしてルビを迎えに行ったカイルは
母のことを話し、悩んでたわ~

翌日、サノは母に結婚のことを話そうと思っていたの。
と、そこへカイル母がやってきて
「荷物をまとめて。一緒に帰りましょう」と
強行突破するつもりらしい。
カイルは拒否し、家を出て行っちゃった。。。

カイルしか跡継ぎがいないから、母は必死なんだろうけど
カイルにその気がなかったら、もし跡を継いだとしても
うまくいかないんじゃないかな~
そしてルビはカイルのことが気になってるよね。
「アメリカに行ってほしくないし、僧侶になってほしくない」
と言ってたもの。

で、サノはこんな状況で結婚の話ができるのか??
1ヶ月しか時間がないのに^^;;





 17話   7

カイルを連れて帰れない母は嘆いてたけど
「ウチの次女と仲が良いので、説得させますから悲しまないで」
と励ますヘジャ。

カイル母は今はこの家にカイルを任せるしかないと、
アメリカに帰って行ったわ。
カイルはそんな母を空港で影から見てた。。。

一方、サノはヘジャに
「ガンジと結婚する」と話すけど、
ヘジャはあまりいい顔をしないの。
そこで「両親は教授なんだ」と言うと、
結婚費用を出してもらえだの、家を買ってもらえだの言うヘジャ。
でもサノは「この家で暮らす」と言うのね。
納得できないヘジャは「ガンジの母に会いたい」と言うけど
「ガンジをすぐに呼ぶ」とサノ。
そしてヘジャは「両親の顔合わせの前にお母さんと会いたい」とガンジに言うの。
ガンジは「母に伝えておきます」と言うけど、
これを聞いたサンシクは
「教養のないお前が教授と話ができるのか」と大反対!

大きく頷いたわ( ´艸`)ププッ

一方、カイルはルビの仕事が終わるころ、迎えに行くのね。
「あんなことがあったから、来ないかと思った」と言うルビに
「約束しただろう」とカイル。
そして食欲もなく元気のないカイルを励ますために、
ルビは「海を見に行こう」と誘ったわ。

翌朝、ヨングクの誕生日。
ビチュイはわかめスープを作り、食堂へ。
「どうして知ってるのか」と聞くヨングクに
「カイルに頼んだ」とビチュイ。
そこでヨングクはビチュイの誕生日を聞き出そうとするけど
うまくいかないのね( ´艸`)ププッ

一方、ヘジャは母にサンシク母と数ヶ月だけ一緒にほしいとお願いを。
サノが結婚するので、両親が追い出された状態じゃ、
面目丸つぶれだと話すの。
でもヘジャ母は断ってたわ。

一方、ヨングク母はクッスンから
「今日は兄さんの誕生日でしょ」と言われ
忘れていたことにショックを受けつつ、
ヨングクに電話するの。

最近、ヨングク母の物忘れの激しさが気になりますな。。。

夜、店が終わり、病院に預けていたネコを連れて帰ったヨングクは
部屋にケーキが置いてあるのを見てビチュイからだとわかるのね。
夜中、トイレに起きたビチュイは、ヨングクの部屋からネコの声が聞こえて
ドアに耳をあてて聞いていたら、ヨングクが急に部屋から出てきた!
おでこをぶつけたビチュイだけど、
ヨングクがあの時の猫を拾ってきてくれたとわかり、ビチュイは嬉しそう。

ビチュイがくれたケーキが半分残っていたので
冷蔵庫に入れようと思って外に出たと言うヨングクは
「今から一緒に食べよう」と誘うの。
仲良く一緒に食べ、ヨングクが面白い話をして笑ったら
ビチュイが誕生日の歌を歌うということになったんだけど
ビチュイは必死でこらえるのね。
「ずるいよ」と言うヨングクに
ビチュイがミルクを飲もうとして、コップを取ろうとした時、物を落としてしまい、
二人でいるところを見られてはまずいと思ったビチュイは
慌ててヨングクを台所から外に逃がそうとするの。
と、その時、台所の扉が外れちゃった(*ノω<*) アチャ
その瞬間、ビチュイはトイレに逃げ込んだ!
物音にビックリしたルビやサノが出てきたけど
ビチュイはしらじらしく、「また外れたのね」とトイレから出てきたよ^^;;

翌朝、申し訳なく思うビチュイは
台所に来て朝食のお手伝い。
でもヨングクもビチュイも気まずいわ^^;;

あのビチュイの行動はちょっとひどいな~
ヨングクも手を怪我しちゃったのに。。。
このことで距離ができなければいいけど。





 18話   7

翌朝、ヨングクが素っ気ないのが気になるビチュイは
「夕飯、食べに行くのをやめましょうか」と聞くの。
「どうして?約束でしょう?」と言うヨングクに
「機嫌悪そうだから」とビチュイ。
「そんなことはない」と言いつつ、ビチュイの行動が残念だったと言うヨングク。
とりあえず行くことになるけど、
家を出るのは別々でとビチュイは言うのね。

一方、ガンジ家との顔合わせの前に
ケンカをしてしまうヘジャとサンシク。
行く時間になってもサンシクは散歩から戻らず
これを知ったサノは
「キャンセルする」と言いだすけど、
ビチュイがサノをなだめ、
ヘジャも「父さんがいなくても、私がなんとかしてあげるから」と言うの。
と、その時!家にサンシク母から
「着替えてそっちに向かった」と電話があり、サンシクがやってきた!
ヘジャとサンシクは顔を合わせたらまたケンカを始め
ルビとビチュイが止めてたわ。

サノ達が家を出てから、ヨングクはカイルの部屋に行き
「サノが結婚するけど、ここに住むらしいから
相部屋にして、部屋を一つ開けよう」と提案。
カイルもそう思っていたらしく、快くOK。

その頃、ビチュイは「友達と会う」とルビに嘘をつき外出。
家から少し離れたところで待ち合わせていたヨングクと合流し、レストランへ。
ヨングクの機嫌がよくないようなので、
「私はズルい女です。これからも都合が悪くなったら見捨てるかもしれない」
と開き直るの。
これを聞いたヨングクは
「ズルいけど、素直なところがビチュイさんの長所です」
と素直なところが上回っていると言うのね。
そして「少し拗ねてみて、歌を歌ってもらおうと思ったけど失敗した」とヨングク。
このヨングクの言葉でビチュイも、また笑顔になってたわ。

帰りの車の中で、ヨングクが手にケガをしているのに気づいたビチュイ。
この怪我が昨夜のものだとわかり「悪いことをした」と言うビチュイに
ヨングクは「可愛かった。これは本心だ」と言うのね。
家に帰ってビチュイはヨングクの手の手当をしてあげて
「傷口を絶対に水につけないで」と何度も念を押してたわ。

一方、ガンジ家と顔合わせをしたヘジャたち。
ガンジ両親から
「財産は娘にはやらずに寄付する」ということを初めて聞いてビックリ!
しかもサノもガンジもそのことを承知だとわかり、
ヘジャは怒って実家に帰宅。

サノから連絡を受けたビチュイがヘジャ母の家に行くと
「あんたはガンジ両親が寄付すること知ってたの?」と聞き
「うん」と言うと、
「知っててどうして反対しないの!!」とビチュイを叩くヘジャ。
そして「ガンジとは破談にしろ」と言うのね。
ビチュイもサノも必死で訴えるけど、まったく聞く耳持たず。
それでもビチュイは帰りに
「明日から準備しなさい」とサノに言ってたわ。

なんでビチュイを怒るの??
人のことばっかりいうけど、自分はどうなの?
しかも「結婚すればいい。いびってやるから」って?
信じられない!!
誰のせいで、ビチュイ達兄弟は苦労してるのか
全然わかってないじゃない!!
サンシクが保証人になったから、とか言ってるけど
あんたは勝手に豊胸手術したり、店もビチュイに用意してもらったのに
全然せずに遊びまわってたじゃないの!!
自分勝手もいい加減にしないといけないわヽ(`Д´)ノ


翌日、ルビはカイルの服を買いにデパートへ。
その頃、ヨングクも「服がないから、買いに行きたい」
とビチュイに言い、デパートに行くことになったの。
ビチュイとヨングクが服を選んでいると、
ルビとカイルを見かけたビチュイは
慌てて、試着室にヨングクを連れて入り、隠れたわ。

だから!
どうして隠れるのよ!( ´艸`)ププッ
ヘジャに見つかりそうなら、隠れるのもわかるけど
ルビとカイルじゃない!
カイルはなんとなく気づいてるし、ルビは反対しないと思うけど。
隠れてて、見つかる方が恥ずかしいって!!





 19話   7

ビチュイに試着室に入れられたヨングクは
「知り合いでもいたのか」と聞くの。
「ルビとカイルがいた」というビチュイに
「どうして隠れるの?」と言うヨングクはビチュイにキスを。

無事、ルビとカイルに見つからなかったみたいだけど
車に戻ったヨングクは
「ちゃんと付き合おう」というの。
でもビチュイは「考えさせてほしい」と。
そのあと、食事に行ったヨングクは
「カイルと相部屋にするから、空いた部屋をサノに」
と申し出るのね。
「サノと相談する」とビチュイ。

一方、ヨングク母は運転手を使い、カイルが下宿してる大家のサンシクに
カイルの電話番号やら住所を聞こうとするけど、
「まずカイルに聞いてから」と答え、ヨングク母の連絡先を受け取るの。
このことを言いに、家にやってきたサンシクは
子猫がいることを知ったわ。

父が帰った後、家に帰ってきたビチュイは子猫がいなくなったことに気づいて
必死で探すけど見つからないの。
兄弟で話し合った結果、サンシクに違いないということで
サンシク母の家に行くビチュイとルビ。
でもサンシクは「俺じゃない」というのね。

んー怪しい。家に行ったあと、知り合いの家に行ったと言ってたけど
その人にあげてきたんじゃないの??


翌日、ビチュイは店に行き、子猫を行方不明にさせたことを
ヨングクに謝るの。
でもヨングクは「また買えばいい」と言うのね。
「買うのなら飼わない。タダだから飼おうと思った」とビチュイ。

一方、サンシク母とヘジャ母はガンジから食事に招待されるの。
韓服を着ようと相談した二人は、レンタルしたらしい。
サノがガンジと結婚して欲しくないヘジャは、機嫌が悪いのね。
「ビチュイがサノをなだめていたら、こんなことにならなかった」と
ビチュイのせいにするヘジャ。

母たち二人が食事に行ったあと、ヘジャは一人でお酒を飲み、
ビチュイを呼び出したわ。
サノとガンジの結婚をいまだに反対するヘジャに
「ガンジの父がガンなの。余命1年だから、
ガンジの花嫁姿を見せてあげたいのと、
亡くなった時に、ガンジを支えたいというサノの気持ちよ」
と説明するビチュイ。
「それはわかるけど、どうして財産をガンジに残さないの?
それが理解できないのよ」とヘジャは言ってたわ。

一方、ヨングクは店の買い出しにデパートへ。
そこでこの間、ビチュイが見ていたジャケットを見つけるの。
「高いから」と言っていた言葉を思い出し、
ヨングクは「プレゼント用で、値札を切ってください」
とお願いしてた。。。

デパートで買ったんじゃないことにするつもりか?
でも包装でわかるよねぇ^^;;
デパートだとわかれば値段はバレてるし。
値段がわかればビチュイは気にするだろうしねぇ・・・

そしてヘジャ!
「狭い家に大人数で暮らして、これで子供でも出来たら
サノは外交官の試験に受かるの?」と聞いてたけど
大人数にしたのは誰さ!
カイルやヨングクを勝手に下宿させ、
サノの勉強部屋さえも奪い取ったのはあんたじゃない!
それなのに、「試験に落ちたらビチュイのせいだからね」
っておかしいから!!
なんでもかんでもビチュイのせいにするなヽ(`Д´)ノ





 20話   8

ビチュイに服を買い、プレゼントするヨングク。
でもビチュイは「こんな高いものを受け取れないから返品してきて」
と言うけど「レシートがないから返品できない」と言って
ヨングクはビチュイに服を受け取らせたわ。

こういうの、ヨングクはうまいよね~

一方、ヘジャはカイルとヨングクが相部屋になったことを知り、
ヘジャ母とサンシク母に
「他人がサノのために相部屋を申し出てくれたのに、
血のつながった祖母が、冷たいのはどうなのか」と説得して、
ヘジャ母とサンシク母は少しの間一緒に住むことに。
開いた部屋はとりあえず、ヘジャとサンシクが使うことになったのね。
サンシクは帰ってくるなり、ヘジャを抱きしめ
「今晩、子供を作ろう」とか言ってるし^^;;
ヘジャは「スケベ親父」と言ってたけど。

アホかっ!これ以上子供作ってどうするのよ!
それでなくても子供たちが振り回されてるのに
また振り回される子供を増やすつもり?(`-ω-´)


そして二人きりでご飯を食べて
「新婚になった気分ね」とヘジャ。

この人も、ボケとりますわ~
何をはしゃいでいるのか、この二人は^^;;


一方、クッスンの部屋には、なんと!
ホバクからもらった猫が。。。

あんただったのか!
サンシクに見せかけてホバクが猫をクッスンにあげたのか(´Д`)
血は争えない・・・^^;;


その日の夜、ヨングク父が酔って帰宅。
これを見たクッスンは大喜び。
早朝に目覚ましをセットしたクッスンは、
父が寝ている間に、父の髪の毛を黒に染めた!( ´艸`)ププッ
翌朝、鏡を見たヨングク父はビックリして怒るんだけど
「若返った」と言われてまんざらでもないのね(笑)

一方、ホバクはクッスンを自分の女にするため、
いつもクッスンと一緒にいるドンジャと対決をし、勝ったのね。
ドンジャは悔しかったのか、翌日、学校を休んだわ。
ドンジャがいないのでクッスンを家まで送るホバク。
「これから毎日送って」と言うクッスンに
「勉強があるから、1週間に1日だけ送ってやる」と言って立ち去るのね。
これを聞いたクッスンは、イヤじゃなさげね。

翌日、ジャンさんの車が納車されるの。
カイルが運転し、ルビとジャンさんを乗せてドライブをするけど
ルビは仕事なのね。
「休めば?」と言うカイルに「それは出来ないの」とルビは悲しそう。

その頃、ビチュイはチムジルバンに行こうとしていたの。
と、そこへ帰ってきたヨングクは
「夜のチムジルバンの雰囲気を掴みたいから泊まる」と言うビチュイの言葉に
「一緒に行く」と言いだすの。
「家でゆっくり寝て」と言うビチュイに
「暖かいところがあるんでしょ?ちょっと寒気がするから」
と言い、一緒に行くことに成功。

これもまたうまいんだな~
全然、風邪引いた感じじゃないのに、
そう言われたら、それじゃ一緒にってなるもねぇ( ´艸`)ププッ


でもヨングクはチムジルバンは初めてだったの。
ビチュイは、ヘジャから
「手伝いのおばさんから聞いたけど、英語が流暢だった」と聞いていたこともあり、
ヨングクが裕福な家庭で育ったのかなと思い始めたかな~

そしてヨングクが飲み物を買いに行っている時、
ビチュイにある女性が声をかけるの。
その人はヘジャを騙した占い師さんだったのね。
「あの人は恋人?」と聞く占い師に
「違います」とビチュイ。
すると占い師は「あの人をのがしたら後悔する」と。。。

ヘジャの時は嘘だったけど、今回は本当よね。
きっと後悔すると思うもの。




にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ   人気ブログランキングへ   
※ランキングに参加しています。1日1回のクリックが反映されます!
 拍手やランキングバナークリックはとても励みになっていますので
 それぞれに応援の1クリックしていただけると嬉しいです♪

◆ブログランキング◆

にほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへ

人気ブログランキングへ

1日に1回、毎日クリックしていただくとランキングに反映されますので、お帰りの際にそれぞれに応援の1クリックして頂けると嬉しいです♪

※アクションはクリックだけで結構です。立ち上がったウィンドウで何かをしないといけないこともありませんので、そのまま閉じてくださいね。

 

苺

Author:苺

このブログはコメント欄を閉じていますので
メッセージがある方は、メールフォームか
管理人へメッセージの記事のコメント欄を
お使いください。
記事の応援、更新の応援などはブログランキングのバナーをクリックしていただけると、
ものすごく嬉しいです♪ 
よろしくお願いいたします!

最新記事

Twitter

Twitter

検索

 




カテゴリ

全記事表示リンク

このブログについて

記事内のマーク説明
 →ドラマ表紙へ

レビューは完全にネタバレしています。
みなさんの好きなドラマや俳優さんの ことを悪く言ってしまうこともありますが、
個人的な感想ですのでご了承ください。

なお、字幕なし視聴はハングルが理解できていない状態での視聴ですので
まちがい・勘違いなど多々ありますが
ご理解ください。

リンクはフリーですが、
お声をかけていただくと嬉しいです。
管理人へのメッセージは下にあります
メールフォームからお願いします。

また宣伝目的のコメントや
管理人が不愉快・不適切と判断した
コメントは削除させていただくことがありますのでご了承ください。

※当ブログにて使用させて頂いております画像等の著作権・肖像権は全て出所元に帰属しています。画像コピー、転載は、ご遠慮下さい。
サイト内の文章(特にレビューの文章)の無断転載もお断りします。

MAIL

管理人へのメールはコチラから♪
返信が必要な方は必ずメールアドレスを明記してくださいね♪
管理人の判断で返信しない場合もあります。
ご了承ください。

宣伝目的のメールはご遠慮ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

コメントありがとう♪

<>+-

カウンター

現在の閲覧者数:

リンク

Admin

アクセスランキング

2014/10/01~

 

 

 

ブログランキング ドット ネット

12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
Copyright © 気ままに苺日和 All Rights Reserved.
テンプレート:サリイ (ブログ限定配布版 / 素材: HELIUM)  …